高校野球の越境入学と特待生問題の考察

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

今年も高校野球の季節がやってきました。私はプロ野球関連は全く興味がありませんが高校野球は好きです。というか高校生の部活動全般を応援したいので、もちろん高校総体(インターハイ)も好きです。やっぱり学生スポーツは感動しますね。今年のインターハイ開催地は岡山県です。

越境入学と特待生問題

高校野球と言えば毎年のように越境入学と特待生問題が話題になります。甲子園は都道府県別の大会なのに選手の出身地域を調べると、地元の中学校出身者はゼロなんてのもざらにあります。どことは言いませんが東北の某私立高校はエグいですね。基本的には各県とも特待生で優秀な生徒を集めている私学が強く、一般募集になっている公立校野球部の甲子園出場は少ないです。

特待生制度は理解できますが、越境入学は辞めたほうがいいと考えています。特待生制度は家庭の環境とかで高校スポーツができない学生もいると思いますので、素質や才能も加味すべきですが、あくまで苦学生を対象にして実施してほしいと思います。

越境入学は隣県くらいまでを対象にすべきで関西の中学校から東北の高校はやりすぎなイメージがあります。学校側としても少子高齢化の中で学校経営の最大のアピールが甲子園出場になるというのは理解できますが、現状やりすぎだと思います。

越境入学で名前を挙げたいのが田中将大選手です。彼は兵庫県から北海道の駒澤大学附属苫小牧高等学校に入学しました。そして甲子園2連覇しました。3年生時には斎藤佑樹(現:北海道日本ハムファイターズ)擁する早稲田実業との決勝戦再試合はいまだに甲子園の歴代名勝負にランクインします。彼レベルの選手であれば東洋大姫路や報徳学園など兵庫県の有名校でも十分に活躍して甲子園に出場できただろうに…。

甲子園出場の確率

仮に才能あふれる選手であれば地方の高校に行かなくても地元の強豪校に入学すればと思います。全国各都道府県に強豪校があるわけで、わざわざ地方に行く必要はありません。こういうと「地方のほうが甲子園にいける確率が高い」という人が必ずいますが、全国の強豪校の連続出場記録を見る限りでは必ず甲子園に出れる高校はほぼありません。

強いて言えば9年連続出場の福島県の聖光学院。6年連続の高知県の明徳義塾。5年連続の栃木県の作新学院。4年連続の徳島県の鳴門。この4校以外の連続出場の記録は2年(2015年出場校)です。

また2015年の甲子園出場校の県外出身者人数を調べるとベンチ入り18名中0人が9校あり、1~5人が19校です。つまり甲子園出場校の約半数が地元のメンバーで構成されています。このことから最近の甲子園出場校は越境入学中心の高校は県予選で負けているか、越境入学してもメンバーに入れない子が多いことがわかります。言い方を変えると地元メンバー中心の高校でも甲子園に行ける可能性が高いとも言えます。

つまり地元の強豪校に入学しても県外の強豪校に入学しても甲子園出場の確率はあまり変化しないと言えます。甲子園に近い高校は存在しますが各都道府県は大体3~4校が争っている印象です。激戦区神奈川県であれば横浜高校、慶應義塾、桐光学園、桐蔭学園、東海大相模、日大藤沢の6校に分かれます。東京や千葉も厳選区。

越境入学してもベンチにも入れない可能性

どの高校に行くかの選択肢は学生の自由にさせたいという気持ちもありますが、私は中学生に「強豪校で甲子園に出場できたけどベンチと、甲子園に出場できなかったけど県ベスト4でレギュラーどっちがいい?」と全員に聞きたいです。

強豪校ほど部内の競争が激しく、部員が100名の高校とか聞くと毎回思ってしまいます。アルプススタンドで一生懸命応援する野球部員を見ていて本当に偉いと思う反面、意味ないと思ってしまいます。越境入学までしてベンチにも入れないって意味ないよね?(´・ω・`)

まぁ本人が納得していればいいんだろうけど…。いや、ベンチ外にも納得している人間なんて誰もいないと思います。教師なり顧問なりが「お前には才能がないから甲子園を目指すにしろ県内の強豪校にしとけ」って言ってあげるのも優しさではないでしょうか。

個人的にスポーツは「出場してなんぼ」の世界だと思っています。ベンチにも入れず応援席で応援している野球部員の姿を見るたびに越境入学という制度は罪深いと感じます。

おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)

おおきく振りかぶって(27) (アフタヌーンKC)

高校野球を題材にした漫画では「H2」「クロスゲーム」「おれはキャプテン 」「ダイヤのA」「砂の栄冠」などが好きですが、現在連載中の中ではおおきく振りかぶってがイチオシです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加