LIG×採用モンスター鴛海敬子さん派手に炎上するもアンチ認定

リグブログで有名な株式会社LIG(リグ)と、株式会社採用モンスターが派手に炎上していました。

株式会社採用モンスターとは

株式会社採用モンスターとは、代表取締役の鴛海敬子(おしうみけいこ)さんが創業した人事コンサル・採用代行会社です。鴛海さんはSES(システムエンジニアリングサービス)事業をしている株式会社メイプルシステムズで人事を担当しており、そこから起業されました。

鴛海さんは特にエンジニア採用が得意だと自称しビジネスにしていますが、再現性のない採用戦略だと私は思います。ご本人がSNSを活用してエンジニア採用を成功させたのは事実で、素晴らしい功績です。

しかし、エンジニア採用が成功した要因は「キャラ売りで成功した」のが一番の要因だと私は思います。候補者から「鴛海さんがいるから入社します」と言われるのは素晴らしいことですが、鴛海敬子という人間だからこそ成功したのであって、違う人が同じことをしても失敗すると思います。

たしかにコストのかからないSNS採用は魅力ですが、まずフォロワー数を集めることから始めなければいけず、数か月単位の時間もかかります。「半年間、毎日10件以上ポジティブな発信を続け、様々な人に絡んでいきましょう!」と言われたら、(そんな簡単に言われても…)と言葉に詰まる方も多いのではないでしょうか。

Twitterで著作権侵害バリバリの背景画像

f:id:kaizoku-diary:20211003162212p:plain

ツイッターの背景画像がおもいっきり集英社の写真で、著作権違反しています。私的利用のツイッターではあるものの、会社の名前を出したアカウントで、全速力で著作権違反してるところが「モンスター」たる所以でしょうか? おそらく著作権やコンプライアンスという言葉も知らない方だと思われます。

情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教授ですが、情報経営イノベーション専門職大学側も、もうちょっとちゃんとした人間を選べよと言いたくなります。

LIG×採用モンスター炎上記事の内容

megalodon.jp

2021年9月29日にリグブログで『今話題の副業人事って何?そんなことより、僕に彼女を紹介してよ。』をPR記事として公開。内容は、人事経験者を企業に紹介するサービスを紹介する流れになっています。

ただリグ側が「彼女候補の女を紹介しろ」と言い始め、それにそった女性を紹介するというセクハラ紛いのサービスだと誘導するような内容だったことが炎上しました。

まるで出会い系のような使い方に対して面白おかしく女性を紹介するのはネタだとしても不愉快だという意見が多かったです。

LIG×採用モンスター炎上記事の評判

人事界隈、人材業界、ブログ読者など様々な立場全員が「コレは流石にマズい」と評価し、全方位で炎上しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

鴛海敬子さん聞く耳持たず『アンチ』発言

記事公開後スグに批判が集中しましたが、自分に否定的な意見はすべて「アンチ」として捉えられていました。周囲の人間も色々とアドバイスされていたようですが、すべてアンチの意見として聞く耳を持っていない姿勢に、さらに批判が集まる結果に。

賛否両論であれば擁護できるかもしれませんが、今回の記事を容認する意見は全くありませんでしたので、おそらく全員を「アンチ」認定したのかもしれません。本来は味方であるはずのフォロワーさんも「これは流石に」といったコメントをしていましたので、味方が誰もいない結果になってしまいましたが、大丈夫でしょうか。

これは名言なのか、迷言なのか判断に迷うところです。

ブラック企業アナリスト新田龍さんの鋭い指摘も置いておきますね。

LIG×採用モンスターまとめ

本人がプロフィールで「コミュ力おばけ」と書いてある通り、人間としては場を明るくするタイプの性格で、友達としてなら一緒にいて楽しい人物だと推測されます。

ただ、ビジネスパートナーとしては人事ならびに経営者として最低限の知識やモラル(倫理観)が欠如している方なので、信用できないと強く感じました。今後は、学生ノリを止めてセクハラを容認するような考え方を改めてくれることを祈っています。