ユーザーが感じたぷよぷよクエストとドラゴンクエストの違い

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ぷよぷよ!!クエストとドラゴンクエストの違いって知っていますか。ドラゴンクエスト、ファイナルファンタジー、テイルズシリーズなど定番RPGをやってきた30代男性が独自目線から違いを比較してみました。

レベル上限

普通のRPGならレベルMAX99が一般的だと思います。ぷよクエは違います。デッキコストを左右するユーザーランクは1000以上も可能と天井知らず。やりこみ要素すごすぎ。普通はやりこみ要素と言っても2周すれば大概がトロフィーをすべてクリアできますが(長くても2ヵ月~3ヶ月程度)、ぷよクエは数年間遊べる仕組みになっています。ただしユーザーランク300以上になると、デッキコスト的に十分なので経験値を稼ぐ意味はなくなります。

ドラクエなら転職システムがありますね。呪文や特技を覚えるためにガンガン戦うわけですが★7が解放されたため、レベル99を2回、レベル120を1回でようやく最高値になる。「+(プラス)」と呼ばれる攻撃・体力・回復の基礎能力を上げられる。それ以外にもスキルレベル、バトルレベル、とっくんボード等があり、全然上限に達しない。

キャラが多い

ドラクエは多くても10キャラ、ドラクエ5ならモンスター72種。ぷよクエは3160種。約43倍。プライスレス。3年半ほど毎日ログインして遊んでいますが、いまだにコンプリートカードが2000種です。無課金だと主要キャラもなかなか集められないし、約半数のカードがレベル最高値に達していません。

お金を使えばやりたい放題

ドラクエ(ナンバリング)は課金システムがありませんが、ぷよクエは課金すればするほど優秀なデッキを組むことができます。世の中は金次第を教えてくれる社会派ゲーム。

まとめ

一般的なRPGはレベル最高値に達したら「やりつくした」となりますが、ぷよクエは3年間毎日遊んでも、まったく「やりつくした」状態になりません。これが永続的に課金システムを使わせる悪魔のシステムです(; ・`д・´)

※とはいえ現在では過疎化が進んでいますけどね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加