就活生に気をつけてほしいリクルートグッズ3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

就活生が失敗しがちなビジネスグッズと私がおススメするビジネスグッズをご紹介します。男性女性関係なくどちらも就職活動をすると社会人と出会う機会も増え、それなりのビジネスマナーも必要とされます。

ビジネスマナーは持ち物にも適用されます。ビジネスシーンに合っているグッズを身に着けていると好印象を与えます。就活生が使用しているよくあるマイナスイメージのリクルートグッズを紹介します。

名刺入れ

名刺をもらった場合、そのまま直で机の上に名刺を置くのはビジネスマナーに反します。最近では名刺入れを持っている学生も多いですが、(学生だから仕方ないと思っていますが)名刺入れにもちょっとどうかなと思う学生もいます。たかが名刺入れですが、マイナス評価にならないためにも参考にしてください。

アルミカードケース・薄型 シルバー

アルミカードケース・薄型 シルバー

 

よくあるのがとかアルミ製の安い名刺入れを使う学生がいますが、あれは枚数も入らないしおススメしません。名刺交換の際にカパカパするのは時間がかかります。あたふたするくらいなら最初から出し入れしやすいモノを持っておけよと思います。

女性(レディース)に多いのですが、ブランドモノ(多いのがルイ・ヴィトン)を利用している人間がいますが、新人でそれを出して良い印象をもつ社会人はいませんので要注意。「こいつ金もってんな」と妬まれる可能性もあります。就活では謙虚さが重要ですが、ヴィトンの名刺入れを出して、常時目につく机の上に置かれると商談や面接でマイナスです。

「こいつ生意気だなー」とか思われないようにしなくてはいけません。ブランドにするなら露骨にロゴが見えるタイプは控えたほうが無難です。あえてキャバクラ嬢キャラでいくのなら問題ありません。

デザインは高級感溢れるものより、派手すぎないベーシックなデザインにしておくといいです。こういった小物はシンプルが一番だと思います。皮だと柔らかい革の質感が使えば使うほど手に馴染み、長く使えます。名刺入れは突然の名刺交換の場に遭遇した際に便利です。

学生であれば名刺入れがなくても「しょうがないか」と思われますが、しっかり持っていれば「こいつはわかっているな」と少しだけ印象が良くなります。大学の購買で売っているところもあります。私は生協で皮の名刺入れを購入しました。

鞄(カバン)

リュックで面接に来る学生はそれだけで面接に落ちる可能性があります。最近はビジネスでもビジネスリュックを目的としたカバンも開発されており、リュックカバンが容認されつつありますが、まだまだマナー違反だと思う人も多いです。

特に歴史のある企業やお堅い業界の会社を受けるときは絶対避けたほうがいいです。ビジネスシーンにおいてスーツにリュック姿は非常識と考えられる人も多く、「リュックはカジュアルシーンで使うものでしょ」と怒られます。多くの人が「なんだこいつは?」と思う一番のポイントです。

ちなみに新人の研修講師の前でリュックを利用すると「舐めてんのか」と本気で怒られます。「ビジネス用リュックです」と言い訳すると、営業会社なら殴られる可能性もあります。リュックの機能性は高いですが、相手の心証が悪くなるので避けてください。

営業職なら皮(レザー)製品が一番おススメです。私は合成皮革は絶対に買いません。飛び込み営業をしていたときのエピソードですが、夏服スーツの際に、カバンと接触していたスーツの布地の部分が擦り切れてしまいました。歩く際にカバンとスーツが擦れていたのが原因です。どんだけ歩いてんだよ!って話ですが、そういった失敗が起きないようにそれ以降は皮100%を選んでいます。

たかがバックですが、マイナスイメージを持つ人がいるとわかっているのに、持ち込むのは意味がありません。一般的なカバンタイプのバックを推奨します。

靴(シューズ)

靴にダメなタイプはありませんが、とにかく綺麗にすることです。無難な色は黒。出来る営業かそうでないかは靴で判断するという人は多いです。「靴でその人のセンスがわかる」という言葉もあります。就活生が泥まみれの靴で面接に来たら「こいつは相手に気を遣うってことができない奴だな」と面接官に判断されます。

私はある上場企業の面接の最期に「〇〇君は面接ではおっ!と思わせる話をするけど、靴が汚いね。これ終わったら買い替えな」と言われたことがあります。

私はカツカツと歩きたいので皮靴しか履きません。耐久性という意味ではゴムのほうがいいんですが、断然皮靴派です。皮靴のデメリットは雨に弱いです。滑りやすいし…。皮靴にするなら交互に履いたほうが長持ちするので、2足同時購入は必須です。

まとめ

就活生に完璧なビジネスマナーを求める会社は少ないと思いますが、逆に言うとしっかりできている学生はそれだけで「きみビジネスマナーを理解しているんだね!すごいね!とプラス評価になります。

就職活動では無難な服装や小物を身につけましょう。結局は社会人になっても利用するモノばかりですので、お金を出し惜しみせず、良いモノを買ったほうが見た目の印象も良くなり、面接にも自信がつくかも!?

AOKIや青山がリクルートスーツ(就活スーツ)フェアで同時購入を勧めていることが多いですが、スーツとワイシャツとベルトくらいは同時購入してもいいですが、選択肢が少ない靴や鞄は別々に購入することをおススメします。

少なくとも小物程度でマイナスの印象を与えるのは賢くありません。内定後に奮発したり、入社後の初任給で買い揃えるのも愛着が湧くのでおススメですよ♪

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加