ホテル・旅館リゾートバイトで『おもてなしの極意』を学ぶ!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

2020年東京オリンピック開催決定のニュースに湧いたときに招致活動の最終プレゼンスピーチでの滝川クリステルさんの『お・も・て・な・し』が話題を呼び、流行語大賞に輝いたことは記憶に新しいでしょう。一躍脚光を浴びることになった『おもてなし』の言葉。さて、あなたはこの言葉の真の意味をご存知でしょうか?

『おもてなし』ってどういう意味?

『おもてなし』とは、『もてなしの精神』を指します。もてなしには、『客人の待遇』『身に備わったものごしや身のこなし』などの意味がありますが、実はこれほどまでに日本らしい精神はない、と言われているほど、『もてなしの精神』とは日本的な感覚なのです。

この精神に基づく日本の老舗旅館やホテルなどのホスピタリティ(サービス姿勢など)は、世界の中でもトップクラスと言われているほどの質の高さを誇っています。

日本の老舗旅館やホテルの『おもてなし』とは?

日本の老舗旅館やホテルの『客人の待遇』のよさは、日本人のみならず、世界から訪れる要人やビジネスパーソン、観光客の誰もが絶賛する、日本の誇るべき文化です。

例えば、四季折々の花がさりげなく生けてある玄関から廊下、客間などあらゆる箇所でのしつらえは、長旅の疲れを癒し、くつろげるように配慮された心遣い。くつろぐための浴衣、もしくは部屋着と、就寝時の浴衣や部屋着は別々のものを用意するなどの心配りをする旅館やホテルも数多くあります。

温泉旅館やスパがあるホテルでは、常に清掃が行き届き清潔に整えられた大浴場や、窓からの眺め、露天風呂からの景色なども、きちんと計算した上で美しく整えられていることがほとんどです。館内でちょっとでも困ったことがあれば、すぐに対応してくれる優しい心遣いの仲居さんやホテルマンたち。

それどころか、周辺観光地や見どころまで細やかな気遣いと共に教えてくれます。食事時ともなれば、小さいお子さんやご年配者の方がいれば、それぞれにあわせた食器などで対応し、アレルギーや食べられないものを前もって知らせておけば配慮した上で食べられるメニューにして提供してくれる細やかさ。

なにより、いつも絶えずにある輝く笑顔。訪れた瞬間から、旅館やホテルを後にする時まで、温かで実に細やかな『おもてなし』を味わい尽くすことができるのです。

しとやかな大和撫子は温泉地で育まれる

着物が綺麗に着れたなら……。今も昔もどれだけ時代が変わろうとも、そこはやっぱり日本に生まれた女子ですもの。着付けができる日本女性って、今でも憧れの存在としてニーズがとても高いのです。

サッと自分で着物が着れて、お友だちの着付けなんかも手伝ってあげたりして。彼氏とお正月の初詣や夏祭りのデートの待ち合わせに、着物や浴衣で現れる彼女。そんな女性なら彼氏も惚れなおしてしまうこと間違いなしです。

今も昔もポイントが高い!着付けができる女性は一挙両得

男子にも女子にも『着付けができる女性=着物が着れる女性』はポイントが高いんです。技能が上がれば資格だって取れちゃう、履歴書にだって書けちゃう。これこそ一挙両得、これこそ粋な大和撫子に他ならず!かといって、スクールに行く必要はありません。着付けをマスターしたいなら、温泉地に行きましょう?



公式サイト:寮費・水道光熱費無料・食事付のリゾートバイト!

温泉地のリゾートバイトは着付けを覚えたい人におすすめ!

着付けを覚えたい人におすすめなのが、温泉地でのリゾートバイト!温泉を楽しもうと訪れる全国各地からのお客様をお迎えしつつ、あらゆる接客マナーを学べる場です。

さて、温泉地のホテルや旅館でのくつろぎ着やサービスで提供されているものといえば……ピンと来ましたか?そうです、浴衣や、場所によっては着物の貸出!着付けをして「お写真お撮りします~」なんてサービスや、「お出かけにお着物いかがですか~」なんてサービスまで。

各ホテル、旅館ごとに工夫を凝らしたおもてなしを用意していますが、浴衣や着物って温泉地の定番大人気サービス。自分が利用客になった時のことを考えてみると……女子旅で、彼氏とのデートで、浴衣や着物って温泉地で自然と着たくなりますよね?

つまり、日常とは比べものにならないくらい浴衣や着物の出番が多く、そのため自然と着付け師に早変わり!というのが温泉地での働き方のひとつ。日々お客様に接して働きながら、自然と覚えていく着付け。これこそ最高の学びの場です。

それに加え、温泉地でのリゾートバイトは、自分自身も着物を着て接客することもあります。着物で仕事をするため、いつのまにか自然と身のこなしが女性らしくなるのも嬉しいポイント!着物が着れなくても大丈夫。先輩達が丁寧に着付けを教えてくれるところもあるので、初心者でもやる気があればOKです。

着付けを覚えることができ、自分自身も着物を着こなし女性らしい立ち居振る舞いを身に付けることができるリゾートバイトは、どんなスクールよりもあなたの財産になります。

めっちゃ女子度が高い台詞!「私、実は着付けできるんです」

なにしろ着付けは、まさに手に職。リゾートバイトが終わって地元に戻ってからも、「着付け師だ!」と羨望の眼差しで憧れられちゃう技術が残るのです。初詣から結婚式の着物、夏祭りや花火大会に登場機会が多い浴衣だって着付け師いらずです。

「私、実はちょっと着付けできるんだよね……」本当は、ちょっとどころかかなりできるのに(笑)。着付けマスターを目指しているそこのあなた!温泉地で女子力を上げちゃいましょう!

リゾートバイトで学べる『おもてなし』の心や身のこなし

こうした「おもてなし」の精神を身に付けたいと思っている方は、暮らしのなかで自然と身に付けることができるリゾートバイトはいかがでしょう。日本人が忘れかけてしまっている、温かで細やかな心遣い。人にも好かれ、自分自身も好きになれる心遣いや身のこなしを、働きながら自然と学べる旅館やホテルのリゾートバイトは、通常のバイトでは得られない貴重な経験。『おもてなし』は、リゾートバイトで学ぶことができるのです。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加