10代の若者よりも70代や80代の老人クレームが悪質

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本の高齢化率(総人口に占める65歳以上の割合)は27.3%。つまり日本人の4人に1人以上が高齢者。超高齢化社会における高齢者クレームについて気になる記事があった。

増える高齢者クレーマー、悩むサービス業の若者たち

クレーマーには若者や、小さい子ども連れの大人もいる。彼らはクレームをつけることによって商品をタダで手に入れようとか、特別サービスをしてもらおうという下心をのぞかせることが多い。ところが中高年層クレーマーの多くに共通するのは、自分がクレームをつけることそのものが相手のためになる、ひいては世の中のためになる正義であると信じていることだ。

引用:増える高齢者クレーマー、悩むサービス業の若者たち

あぁ、ひどいひどい。

ぶつかってきた子どもの親と店員をしつこく責めるのは、子どものしつけを十分にできない親と世間に言い聞かせているつもりなのだ。量販店で色やサイズ展開に注文をつけるのも、その店のサービス向上に貢献してあげていると考えている。そして、サービス業とは費用対効果を度外視したサービスをすべきだという、右肩上がりの経済成長を続けていた時代の働き方を今も信じている。

自己中心的だと言える。

非常識な老人多いですね。その年までどうやって生きてきたんだろうとも思います。店員さんにいきなりキレる老人もいます。病気ですかね?

病気です。

潤沢な年金貰ってる老人たちは、年金払ってる世代に感謝の気持ちはないのかね?医療費だって若い世代が支えてるのに。しかもその若い世代たちの年金はどんどん減らされるというのに・・。

電車内に老人シートがあるけど、納税者シートのほうが公平だと思っています。

タクシードライバーです。この業界でも老害に手を焼いています。もちろん老人が全部そうだとは申しませんが、本当にひどい輩が散見されます。権利をふりかざし、自分の価値観の押し売りをし、何よりも無意味に威張っています。最低です。今の若い者は・・・って言いますけど、はっきり言って、バブルの時代にわがままを覚え、パワハラ当たり前、業者や部下を奴隷のように使って威張りちらしていた時代の、権利権利と騒ぎたてる左翼全盛の時代の亡霊のような老人や中年の人よりも、きびしい時代を生きてきた今の若い人の方が、ずっとずっと人としてマトモです。タクシーのドライバーをしていて、心底そう思います。

自分でハイヤー手配してほしいですね。

60~70際くらいのおばちゃん集団6人が、おつまみと思われる小皿料理を数品とドリンクバーを2人分オーダーして、こそこそと回し飲みしていました。やがて店員さんに見つかってしまいやんわりと注意を受けると、おばちゃんのうちの1人~2人が逆ギレして、「こんな出がらしみたいなコーヒーでお金を取るのか!?」「飲食店なら日本茶くらいサービスで出すのが当然!」などと、他のお客さんたちを煽ろうとしたのか、けっこう大きな声で騒ぎ始めました。

犯罪行為なので警察を呼びましょう。

まとめ

2017年9月に総務省統計局から発表された「敬老の日」に関する報告書によれば、65歳以上(高齢者)の人口比率は2017年9月15日時点で27.7%、3514万人。75歳以上に限定しても1747万人。高齢者の就業率は男性30.9%、女性15.8%(2016年時点)で計770万人となり過去最多。比較可能な1968年以降では過去最高。また国連のWorld Population Prospectsによれば今後も日本の高齢者比率は増加し、2055年にはピークとなる36.7%に達すると予想されています。

老人の相手は老人にさせればいいんじゃないかな?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加