転職会議のブラック企業の口コミ評判情報がヤバすぎた話

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

就職や転職の際に注意したいのが間違ってブラック企業に入社してしまうことです。人材派遣会社や人材紹介会社は本当のことを教えてくれませんし、知らない可能性も高いです。もちろん採用担当者や人事部も会社の良い部分しか話してくれません。ブラック企業は平気で求人詐欺をおこないます。そのため転職会議やカイシャの評判といったクチコミサイトがあります。

転職会議以外にもVorkersやキャリコネといったクチコミサイトでは様々な情報が書かれていますが、ブラック企業ランキングにノミネートされるレベルのブラック企業偏差値の高い企業はクチコミサイトをパトロールして削除要請を何回も依頼しています。そのため真実の部分が見えづらいですが、削除要請するほどヤバい口コミ情報を削除している企業。。気になりますよね。転職会議での検索方法をまとめました。

転職会議での検索方法

「投稿が権利者(例:企業など)の申し立てにより全文削除されています。」でGoogle検索するとヒットします。「全文」の部分は「一文」の場合もあります。この調べ方で企業が転職会議で社員(元社員)の口コミをチェックしていることがわかります。

転職会議では会員じゃなくても削除履歴は見られるので、気になる企業があれば検索してみてください。転職会議では口コミ登録するか1000円程度支払えば全部の企業の口コミが見ることができます。

実際に削除履歴のある企業名50選

1ヒューマンリレーションネクスト株式会社
2株式会社インテリム
3株式会社ビーコス
4株式会社TS工建
5住友不動産株式会社
6株式会社テスティパル
7株式会社NKインターナショナル
8株式会社フォーカート
9株式会社アクロビジョン
10株式会社夢真ホールディングス
11アイハーツ株式会社
12キングソフト株式会社
13株式会社東洋新薬
14株式会社ミヤデラ断熱
15株式会社フォーカート
16株式会社トップワイジャパン
17株式会社インベスターズクラウド
18日光化成株式会社
19株式会社シンドバッド・インターナショナル
20株式会社受験ドクター
21株式会社ハロネット
22株式会社グリーンクロス
23株式会社アーキ・ジャパン
24株式会社ベルクリック
25株式会社ドリコム
26株式会社石田大成社
27株式会社成都不動産
28株式会社イトクロ
29株式会社インテリム
30株式会社平和マネキン
31株式会社ベルクリック
32比較.com株式会社
33株式会社クロスインデックス
34株式会社東洋新薬
35日本緑茶センター株式会社
36株式会社ファミリーライフサービス
37株式会社ナウプロダクション
38株式会社富士文具
39日本ヴィクトリック株式会社
40株式会社マイクロウェーブ
41株式会社メディア工房
42株式会社ベルウエール
43日本カニゼン株式会社
44株式会社丸八真綿
45株式会社セラク
46新エネルギー計画株式会社
47丸眞株式会社
48株式会社ブロードリンク
49株式会社森創
50株式会社アイコール
51株式会社ALBERT
52株式会社毛髪クリニックリーブ21

隠そうとしているのは事実か虚実か?

多すぎて全部の企業名を拾いきれませんでした。。基本的にクチコミ削除3件以下の企業は切り捨てました。上記企業名は3件以上の削除履歴が残っている企業か口コミ総数に対して削除履歴が一定以上ある企業です。

2件程度であればちょっとおかしいクレーマー社員が誹謗中傷を書き込んだ可能性もありそうですが、さすがに10件以上削除しているとなるとブラック企業と言われるだけの何かが確実にあり、必死に隠そうとしていると言えます。中には50件以上の履歴がある企業(例:リーブ21等)もありました。上場企業など大手企業もチェックしていることがわかりますが、涙ぐましい努力に思えます。

本当は事業内容とか代表者名も貼り付けようと思ったのですが、あまりにも削除履歴の企業が多すぎて断念しました。事業としては派遣会社や不動産会社が多く、会社の特徴としては同族経営が多いように思えました。

削除部分はプライバシー情報

ただ擁護したい部分としては個人を特定できる誹謗中傷は削除していいと思います。ブラック上司であろうと個人情報の掲載はよろしくありません。上記の企業がどういった口コミ評判を削除したかはわかりませんが、おそらくはプライバシーにかかわる部分だと想像されます。

なぜなら運営元の株式会社リブセンスのサイトポリシーからわかるように削除要請は基本的に受け付けない姿勢だからです。そのため削除したということは一定レベルの企業側の削除依頼に根拠があったものと思われます。

※よほど特定の社員が問題行動を起こしているんでしょうね…(´・ω・`)

火のないところに煙は立たない

一方で削除履歴が残っている企業の他の口コミ情報を見ると、おそろしいほどのブラック企業情報が掲載されているのも事実です。全体評価がマイナスすぎる…。「投稿が権利者(例:企業など)の申し立てにより全文削除されています。」という言葉がよりブラック臭を引き立ててくれます。

やはり火のない中に煙は立たないということでしょうか。拘束時間が長いとかサービス残業とかのレベルを超えている評価が目立ちます。例えば「罵詈雑言が飛び交っている」「突然の解雇通知(リストラ)」「過労死」「パワハラが常態化」「ノルマ以下は自己負担」「鬱で辞める人間が後を絶たない」「就業規則が秘匿」「不倫が蔓延」等のブラックエピソードが満載です。

まとめ

ネット上にはブラック企業偏差値ランキングが公表されており、過労死や過労自殺という実績を基準に選ばれています。King of theブラック企業の称号は一部の企業しか受賞できない名誉ある称号です。

そのため星の数ほどあるブラック企業は隠れてしまうかと思いきや、転職会議でも今回の検索方法でブラック企業は見つけられます。これから選考面接を受けようとしている企業に削除履歴がないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

進め!! 東大ブラック企業探偵団

進め!! 東大ブラック企業探偵団

ブラック企業はなぜ倒産しないのか…

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加