『幽遊白書』総合強さランキング!最強の結集【保存版】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

1990年から少年ジャンプで人気を博した『幽★遊★白書』今でも根強い人気を誇るキャラクターの、経験値、能力値などを総合的に考慮した【総合強さランキング】を発表します。全15位のうち、お気に入りのキャラクターは何人ランクインしていますか?

第1位【雷禅】全盛期は負けなし!? 闘神と呼ばれた男

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 雷禅 単品

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 雷禅 単品

 

魔界の3大勢力で、魔族に覚醒した幽助の父親。人間を好意を寄せたことから千年以上食事を断っています。弱っているため妖力値では躯、黄泉に劣るも、攻撃力、体力値は依然負けていません。苦戦していた幽助の意識を乗っ取り、仙水を瞬時に仕留めることから戦いのセンスは言うまでもありません。

旧友によると、全盛期の雷禅を見たら小便ちびるほどの強さ、一度決めたことを貫く心の強さもなんとも格好いい。【闘神】と呼ばれる雷禅、魔界最強の男といっても過言ではないでしょう。

第2位【黄泉】盗賊から魔界3大勢力にのし上がった男

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 黄泉 単品

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 黄泉 単品

 

雷禅、躯と並ぶ魔界3大勢力の一人。以前は盗賊として副総長を務めていましたが、総長蔵馬の画策により失脚、両目を失いました。そのため嗅覚と聴覚がずば抜けていて、国中の人々の会話をすべて把握しているようです。

魔界統一トーナメントでは、3回戦で幽助と対戦し勝利。気の流れや聴覚を頼りにおよそ60時間も戦う精神力の持ち主です。精神力や体力、妖力などの攻守バランスのとれたキャラクターと言えるでしょうね。

第3位【浦飯幽助】2度死んだ!人間から魔族に転生した主人公

幽☆遊☆白書―完全版 (1) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (1) (ジャンプ・コミックス)

 

第1巻で死亡した主人公。蘇生後は霊界探偵に任命され霊力に目覚めます。幻海の師弟で、暗黒武術会中に霊光玉を継承しパワーアップ、戸愚呂を撃破します。2度目の死亡で【魔族大隔世】により魔族として覚醒するも、父である雷禅には一度も勝てなかったようです。

ケンカの腕はピカイチですが頭脳戦は得意とせず、思いつきの作戦で勝利することも。怒りにより霊力が左右されるパワータイプ、力の底が見えないキャラクターです。

第4位【躯】実は女!?言わずと知れた魔界3大勢力の一人

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 (むくろ) 単品

幽遊白書 ラバーマスコット Vol.7 (むくろ) 単品

 

黄泉達が生まれる前から、すでに魔界の双頭と呼ばれ雷禅と肩を並べていた魔界3大勢力の一人。幼少時代に、自ら酸をかぶり顔が半身むき出しになるも、その理由こそが強さの根源で動機。魔界トーナメントでは雷禅の旧友に勝利、しかし準々決勝では煙鬼に負けてしまいました。

元部下は本気を出せば煙鬼に勝てたといいますが、精神状態に左右される躯の力はその当時で全力。最高時の半分にも満たない、これから先も真の強さを見ることはないとのことから、潜在能力値を考慮した結果となりました。

第5位【煙鬼】雷禅の旧友、魔界トーナメントの覇者

幽☆遊☆白書―完全版 (14) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (14) (ジャンプ・コミックス)

 

雷禅の旧友でケンカ友達。自分も強かったが雷禅はもっともっと強かったと語っています。大昔は血の気が多かったようですが、いつしか戦うことを忘れて田舎に暮らし、今は温厚。雷禅とやり合うことを考えると、パワータイプのような気がしますね。

戦うことから長いこと離れていたというのに準々決勝で躯に勝利、魔界トーナメントを優勝するなんて相当な強さを秘めていると思われます。

第6位【飛影】幽白1のツンデレ、邪眼の力をなめるなよ!

幽☆遊☆白書―完全版 (4) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (4) (ジャンプ・コミックス)

 

忌み子飛影の異名で有名になり、生まれて5年目にはA級妖怪に。その後邪眼の移植で最下級に落ちるも、数年で前以上の妖力になった天才妖怪です。剣術は我流で磨き、魔界の炎を操る【邪王炎殺黒龍波】が得意技。

暗黒武術会の裏御伽チーム戦では残像が残るほどのスピードを見せ、技や武器を瞬時に作り出せる飛び抜けた格闘センスがわかります。魔界統一トーナメントで姿は描かれませんでしたが、本戦組み合わせ表3回戦で躯と対戦するも、敗戦だったようです。

第7位【蔵馬(妖狐蔵馬)】人間に憑依した伝説の盗賊

幽☆遊☆白書―完全版 (10) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (10) (ジャンプ・コミックス)

 

伝説の盗賊、妖孤蔵馬。追われた際胎児に憑依、融合に近い形になっているので同時に南野秀一でもあります。妖孤の時は冷徹さが目立ち妖力も上がります。植物を扱うスペシャリストで、妖孤の時はより強力な魔界植物を、秀一の時によく使う武器はバラを妖力で変化させたムチです。

頭の回転が速い戦略派で、戦闘よりどちらかというと参謀向き。飛影から、手を組んだ理由は敵に回したくないからと言われるほどです。切り札は先に見せるな、見せるならさらに奥の手を持てが持論です。

第8位【仙水忍】究極の闘気を習得した天性の才能

幽☆遊☆白書―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (13) (ジャンプ・コミックス)

 

7人の人格を持った、2代目霊界探偵。幻海でも持ち得なかったと言われている究極の闘気【聖光気】を習得しています。体中傷跡だらけですが、敵につけられた傷ではなく修行中に自分で負った傷という伝説も。

幽助のパワーを10として自分は6~7と言っていることから力はそこそこ、しかし戦歴の多さから攻撃パターンが読めるといった頭脳派でもあります。霊力値は幽助の10倍はあると豪語。病におかされていなかったら……雷禅のよこやりがなかったら……どんな戦いをしたか気になりますね。

第9位【幻海】美しき霊光波動拳の使い手

幽☆遊☆白書―完全版 (12) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (12) (ジャンプ・コミックス)

 

霊光波動拳の使い手で有名。折れた骨を霊波動で治したり、暗黒武術会Drイチガキ戦では【修の拳の奥儀】で敵を救うなど、攻めよりも守りに強い能力をもっています。霊光玉を幽助に渡し霊力は衰えるも【霊光鏡反衝】で相手の力を利用して攻撃する技を持ち、パワー不足を豊富な経験と技でカバーしています。

ちなみに共に武を極めた戸愚呂からは「全盛期は強く美しかった」と言われ、死々若丸からは「ほれてたかも」とモテモテ。力はないが、対妖気の技術戦で倒すのは至難と言われている幻海、これも強さです。

第10位【陣】ワクワクすると耳が立つ!風使いの魔忍

魔界で暗躍する魔界忍者、その中でも最も恐れられている【修羅】の怪の一人。暗黒武術会では幽助と対戦するも負けてしまいます。風を自由に操れ、風に乗って助走をつけたパンチは幽助からもいいパンチだと言われる威力です。さらに竜巻を利用したパンチは塀をラクラク壊すほど。体力はそこそこの、攻撃に特化した攻撃タイプではないでしょうか。

第11位【酎】酔えば酔うほど強くなる!のんべ錬妖術師

幽遊白書 ラバーマスコット vol.3  酎(ちゅう) 単品

幽遊白書 ラバーマスコット vol.3  酎(ちゅう) 単品

 

暗黒武術会では補欠だったけれど、じゃんけんが弱かったためだと言う六遊会のメンバーで、遊助と【ナイフエッジ・デスマッチ】で戦いました。バトルマニアで、切り札まで遊助と共通していました。

得意とするのは酔拳で、さらにパワーアップするには吐かなければいけないようです。魔界統一トーナメントでは、雷前の旧友の強さと色香に惚れギブアップ、振り向かせるために彼女の元で修行中です。どんどん強くなると高評価の男です。

第12位【凍矢】氷系能力者の中でも最上位!呪氷使いの魔忍

幽遊白書 ラバーマスコット vol.2 激闘!暗黒武術会編 凍矢 単品

幽遊白書 ラバーマスコット vol.2 激闘!暗黒武術会編 凍矢 単品

 

陣と同じ魔界の忍者で、呪氷使い。氷系の能力を使う妖怪の中で最も上の位といわれています。暗黒武術会では蔵馬と対戦、慎重派で接近戦は危険だと判断すると距離をとって戦います。しかし切り替えが早く、やっぱり接近戦で確実に仕留めようとするなど、作戦は苦手なようです。魔界編では、短期間に霊力を格段にアップさせました。

第13位【死々若丸】闇アイテムで力を最大限に引き出す

暗黒武術会の出場者、裏御伽チームの一人で幻海と対戦しました。魔闘家鈴木が作った闇アイテムとの相性がよく、抵抗力のないものが聞くだけで生命がもぎ取られる【魔哭鳴斬剣】を使用できる妖力を持っています。後に魔闘家鈴木と戦った幻海からは、比べると死々若丸のほうが強いと言われました。

第14位【戸愚呂(弟)】己の限界まで求め続ける最強のパワー

幽☆遊☆白書―完全版 (8) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (8) (ジャンプ・コミックス)

 

人間だった時に幻海と共に暗黒武術大会に出場し優勝。大会優勝候補の妖怪に仲間と弟子を殺されて、守れなかったことに対して償うため、妖怪に転生することを望みました。そのため、求めたのは技を超える限りないパワー。

能力は筋肉操作で初めて幽助と戦った時で20%、多めに見積もった45%で雑魚を一掃、60%だと3分でビルを平らにできるそうです。決勝戦に出した100%中の100%がフルパワーで限界を超えたひずみにより生涯を終えました。いわずと知れたパワータイプですね。

第15位【桑原和真】人情に熱い!幽助のよきライバル

幽☆遊☆白書―完全版 (3) (ジャンプ・コミックス)

幽☆遊☆白書―完全版 (3) (ジャンプ・コミックス)

 

義理人情に厚い幽助のよきライバル。幽助と同じく怒りなどの感情によって霊力がアップするタイプで、特に雪菜が絡むと力が倍増【愛の力】だと本人は言っています。暗黒武術大会では瀕死の重傷を負い、死を覚悟した最後の力で敵に挑むも雪菜がいることに気付いて復活。一撃でぶっ飛ばし圧勝する、ありえない展開になるほどです。幻海からもお墨付きをもらうほどの霊力値の高さで、素質はあるものの実力が一歩二歩及ばない惜しいキャラクターですね。しかし彼がいなければ今の遊助はいないかも……!?

まとめ

肉体的と攻撃力、経験値や能力値といった総合で見るランキングとなりました。登場キャラクターは多くいますが、判断できるシーンが少ないため惜しくも入賞を逃す結果となりました。キャラクターそれぞれの特徴を考えていくのはとてもワクワクしますね。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加