結婚式の服装で気をつけるべき7つのマナー(スーツ、ネクタイ、シャツetc)【男性出席者】

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

結婚式の服装で悩む方、多いのではないでしょうか?新郎新婦を祝う大事な席なのでちゃんとマナーは守りたい。でもおしゃれも楽しみたい!そんな風に思っているあなたのためにスーツ・ネクタイ・靴まで頭から足の先までマナーを守りつつ、人と差をつけたおしゃれを楽しむ方法をご紹介します!

本当のおしゃれはマナーを守れること

外見的なおしゃれだけを目的にしない

結婚式、おしゃれを思いきり楽しみたいけれど気を付けなければならないことは服装の「マナー」。これを注意しなければ、せっかくおしゃれな服装をしてもすべてが台無しになってしまうこともあり得ます!おしゃれだけを優先させるのは絶対にNG!まずは、一番重要な服装マナーについてご紹介します。

新郎より華美なスーツはNG

男女ともに言えることですが、ゲストは新郎新婦より控えた服装にすることが重要とされています。男性ゲストの場合、礼服での出席が一般的とされており、ブラックスーツまたはグレーや紺などのダークカラーのスーツを着用することが基本となります。よって白やピンクなどカラースーツはNGです。新郎とかぶってしまう可能性もあります。

黒シャツは暗いイメージなのでNG

色は白が基本です。黒のシャツは暗いイメージになりますので避けましょう。ドットなどの派手な柄もフォーマルには不向きなのでNGです。

柄物、色物のシャツについては、現代は欧米結婚式の影響でカジュアル度の高い式が多いので、このような場合には細めのストライプ等のシンプルな柄、若しくは派手な色ではないカラーシャツなら許容範囲となります。

穴つき「メダリオン」や「動物の皮モノ」の靴はNG

色は茶・黒が基本で、紐付きの「ストレートチップ」がフォーマルの基本となります。画像のように穴の開いた装飾「メダリオン」があるものは基本的に冠婚葬祭には不向きとされています。

さらにクロコダイル、パイソン柄は一見豪華、高級そうに見えますが、動物の皮をイメージするためこちらも冠婚葬祭には縁起の悪いものとされているので避けましょう。

黒ネクタイは弔辞用なのでNG

黒は日本では弔事用とされていますので、結婚式には絶対にNGです!白やシルバー、薄いグレーなど明るいカラーを選びましょう。

柄物や派手色の靴下はNG

黒のドレスソックスが基本です。フォーマル度の高い結婚式にはこのように柄のあるものや派手な色は避けましょう。座ったときなど意外と目につきやすいので気をつけましょう。

装飾つきや派手色のベルトはNG

黒・茶色のシンプルな革ベルトが基本です。装飾が付いているもの、派手な色は避けましょう。ベルトも意外と見える部分なので気をつけましょう。

マナーやルールを守りつつおしゃれに魅せる方法をご紹介!

限られた選択肢の中で、いかにおしゃれに見せるか

欧米結婚式の影響で少しずつカジュアルになっていきている日本の結婚式も、まだまだお堅い風習が強くあるのが現状です。「マナーがありすぎておしゃれをする方法がわからない!」と悩みますよね。これまで服装マナーについていくつか述べましたが、ここからは限られたマナー、ルールの中で自分をいかにおしゃれに見せられるか!をご紹介します。

ブランドスーツで差をつける

【renoma】

パリ発の人気ブランド。細いストライプ柄でほどよい光沢感があり、上品な仕上がりになっています。

【dunhill】

イギリス発の人気ブランド。上品で無理のないスッキリとしたシルエットです。ブルーに近い紺色は珍しく、人と差をつけるポイントですね!

【GUCCI】

イタリア発の人気ブランド。最高級の品質は世界中のセレブから愛されています。特徴のある襟元、そしてさりげないチェック柄が他にはないおしゃれ感があります。

ベストを着用する

ベストを着用することによってよりフォーマル感が増し、スーツの上着を脱いだときもベストの効果でフォーマル感が残ります。二次会まで使えるのでベストは非常に便利アイテムです!

ポケットチーフを入れる

このようにバイカラーのポケットチーフを入れると、より華やかで高級感のある仕上がりになります。形はさまざまです。スーツに合う自分の気に入った形を見つけて、おしゃれ感をアピールしましょう。胸元には目が行きやすいので、注目されるでしょう。

ネクタイピン、カフスをつける

ネクタイピン、カフスまでおしゃれが行き届いていれば、おしゃれ上級者です!小物で差をつけるのは大きなポイントです。

【立場別の服装】あなたの立場はどこに当たる?

結婚式における立場に柔軟に対応するコツ

親族(兄弟)

親族の方は「親族席」に座るので他のゲストが挨拶をしに来られたり、また相手側の両親に見られる機会が多いのでフォーマル感を特に意識した服装をしなければなりませんが、地味にする必要はありません。フォーマル感を重要視したうえでおしゃれ感を最大限に出しましょう。

兄弟の場合は新郎、両親より控えた服装が望ましいのでこのくらいが適正でしょう。全体的に光沢があり高級感があります。しっかりとフォーマル感がありながらもベスト、ネクタイ、ポケットチーフをシルバーで統一しさりげなくおしゃれ感を演出してますね!

細いストライプとほどよい光沢が上品な仕上がりですね。どんなシーンでも活躍してくれます。

控え目なシルバーなのでフォーマル度の高い結婚式からカジュアルな式まで幅広く使えます。1本は持っておきたい逸品です。

上司

大切なのは「会社を代表して出席している」という社会的な責任です。披露宴では、普段あまり顔を合わせることのない部下(新郎または新婦)の親族が挨拶に来られると思うので、フォーマル度の高い服装を意識しましょう!

ジャケットの中に明るい色のベストを着用することによってよりフォーマルな印象になりますね。シンプルで大人なコーデになっておりフォーマル度の高い結婚式でも完璧なスタイルです。

落ち着いた雰囲気のシルバーグレーで大人の男を演出できます。慶事用には非常に便利です。

柄がありますが、さりげないドットで色は無難な白なのでフォーマル使用です。

友人

新郎を引き立てるには、自分自身もおしゃれでいなければなりません。新郎新婦をガッカリさせないように、完璧なコーデを目指しましょう!

シンプルなブラックスーツの中に同色のベストを着用することによって、締まった印象になり大人の男の雰囲気が出ています。しっかりとフォーマル感があるので、好感度の高い印象です。

ムレにくく快適な着心地はこの時期にうれしいですね!細身ですがストレッチが効いているので動きやすく、家庭で洗えるのも便利ですね!あらゆるシーンで活躍しそうです。

黒ベストは幅広く活躍できるので1枚あると便利です。

シルク素材なので、程よい光沢により高級感があります。

二次会で使えるコーディネート

お堅い結婚式でおしゃれが思う存分発揮できなくても、二次会ではコーデの幅が広がりますよね!しかし、普段着では絶対にNG!あくまでも新郎新婦をお祝いする大事な席です。フォーマル感を残したコーデを意識しましょう!

蝶ネクタイをつける

蝶ネクタイはカジュアルな結婚式から二次会まで使えますね。ベストと蝶ネクタイの相性はバッチリです。シンプルなので、蝶ネクタイを初めて着用する方でもトライしやすいですね!

べストを着用する

上でも述べましたが、ベストは非常に便利アイテムです!二次会ならシャツの上にベストを着用していればフォーマル感は残るので、ジャケットを脱いでもOKです!色、柄ともにシンプルなので挙式から披露宴、そして二次会と幅広く使えますね!

上下別の素材・色

上下別の素材、色のものを着用すると大人の抜け感があり、よりおしゃれな印象ですね!

春夏用のジャケットなのでサラリと着られますね!ストレッチが効いてるところも嬉しいですね!

柄物・色物のシャツ&ネクタイ

二次会ならシャツ、ネクタイ共に柄や色があってもOKですね!ストライプシャツにピンクのネクタイで遊び心のあるコーデですね!

ストライプシャツは結婚式では好ましくないですが、二次会なら許容範囲ですね。ビジネスシーンでも使えるので便利です!

ピンクを上手に着こなす男性はおしゃれ上級者です。光沢があるので上品で、ビジネスまで使えるアイテムですね!

まとめ

いかがでしたか?マナーを守ることはもちろん重要なことですが、地味にしなければいけないということではなく、マナーを守ったうえでどれだけおしゃれ感を演出できるかによって、大人おしゃれな男のコーデに差が出るのではないでしょうか?結婚式のスタイルはさまざまですので、そのシーンに見合った服装を心がけ、おしゃれを楽しんでくださいね!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加