【うせもの宿】感想ネタバレ第2巻まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

【うせもの宿】感想ネタバレ第2巻まとめ

うせもの宿 2 (フラワーコミックスアルファ)

うせもの宿 2 (フラワーコミックスアルファ)

 

 あらすじストーリー紹介

次々と明かされる、宿の秘密と人間ドラマ

さがし物が見つかる不思議な宿。そこは未練を抱えた者が訪れる場所だった。少女のような女将さん、宿に客を案内する男、そして宿の従業員たち。それぞれが抱える過去と秘めた思いとはーー!?[式の前日][さよならソルシエ]の穂積が贈る、驚きと感動と愛のファンタジー。

なくしものが見つかる宿にやって来たのは、親友を裏切ったばかりの女性「聡美」。仕事や私生活がうまくいかず、大学時代の友達とも恋愛でもめてしまいそのまま死んでしまった聡美は失せもの宿(うせものやど)で最後の言葉を探します。親友に酷い言葉を浴びせたまま死んでしまったと思っていた聡美だったが、最後に親友の恋を祝福する言葉を送っていたことを知り、聡美は安心して旅立ちました。

探しものが見つかるまで宿で働く料理長は生前売れないドラマ脚本家だった。役者をやっていた親友との約束があった。最後のシナリオを取り戻す話。女将を気にかけるお手伝いのお軽さんも、失せものだったオルゴールのカギを見つけて旅立っていきます。探しものが見つからず生前の記憶に苦しむ人達を助ける女将。女将は自分は生前の記憶が一切ないことを告げます。

そんな女将にマツウラは、まるで生前の女将を知っているかのようなことを言い、さらに番頭も女将とマツウラの過去を知っているようなことを言いだします。

各話一覧 

【うせもの宿】客人7『玉箒(たまばはき)』
【うせもの宿】客人8『夏泥棒(なつどろぼう)』
【うせもの宿】客人9『春煙草(はるたばこ)』
【うせもの宿】客人10『憂桜(ういざくら)』
【うせもの宿】客人11『勿忘菊(わすれなぎく)』
【うせもの宿】客人12『冬月香(とうげつこう)』

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加