いびき防止グッズで快眠!効果的な3つの治し方と人気商品上位3選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

たかが「いびき」、されど「いびき」です。慢性的に「いびき」をかいている場合には、何らかの病気が隠れている場合が多いにあります。そうでなくとも、長期的に「イビキ」をかいていれば、さまざまな弊害があります。特に「睡眠時無呼吸症候群」が有名ですね。「いびき」が命に関わる疾患として認識すべきだと思うのです。

いびきを防止するグッズってあるの?

いびきをかいている人の多くは、自覚がありません。そのため、朝の目覚めが悪かったり、日中に眠気に襲われるといったことが起こったとしても、対処方法に気づかない場合が多いのです。上記の症状がある人は、いびきを疑うことも必要かと思います。

また、家族からの指摘で、気が付いている人も多いかと思います。しかし、癖だから、体質だからといって諦めていませんか?周りで寝ている人は、あなたのいびきが原因で寝ることが容易でなく、ストレス、睡眠不足で日中に睡魔に襲われるなど、あなたが家族の健康を害している原因だったりもするのです。

そして、自分自身もです。寝ている時、いびきをかいている人は約7割もいるそうです。ほとんどの人が該当することになります。

いびきは、健康面にもとても悪いと言われています。高血圧、糖尿病、脂質異常症、うつ病などの健康リスクを伴うと言われています。身に覚えがある人は、早めの対策をオススメします。いびき防止グッズの紹介しますので、これで、ご自身またはご家族の体調も万全になればいいですね。

いびきをする原因はなに?

男性は肥満が原因がほとんど

男性に多いのが、肥満からくるいびきだそうです。見える部分だけでなく、体の中にも当然、脂肪が付いており、そして、もちろん首周りや上気道の内側にも脂肪が付いています。

そのため、上気道が狭くなって、その結果、呼吸をした時の空気抵抗が大きくなるのです。そうすると、のどの粘膜の振動が増し、いびきをかきやすくなってしまうのです。

女性はストレスや扁桃腺の肥大化

女性に多いタイプは、ストレスや扁桃腺が原因と言われています。ストレスの場合、人間の体は睡眠時により多くの酸素を取り入れようとします。そのため、日常生活では鼻呼吸の人も、口呼吸をするようになるそうです。すると、上気道の振動が増してしまい、上気道の筋肉の緩みがより一層ましてしまいます。

そのため、舌がのどに落ち込む等の原因で、いびきの症状が出るのです。また、扁桃線の影響もあるそうです。扁桃腺が何らかの原因で肥大化したり、炎症を起こすといびきの原因となってしまうそうです。

子供はアレルギーなどの鼻づまり

鼻にアレルギー性鼻炎など、何らかの疾患があると、鼻で息をすることが難しくなります。そのため、知らないうちに、口呼吸をしてしまう習慣がついてしまうのです。

この口呼吸は、いびきの大きな原因です。知らず知らずに口呼吸になり、いびきをかいてしまうようになるのです。この場合は、耳鼻科に行くことをオススメします。鼻ずまりが解消されると、いびきも解消されるのではないでしょうか。

いびきを治す効果的な方法とは?

1.枕を高さを調節してみる

枕の高さを変えることによって、いびきが小さくなることは充分にありえます。気道の確保が行われやすくなるからです。しかし、枕が低くても高くても、軌道が狭くなる場合が有り、枕選びは難航します。

しかし、いびきが出にくい枕の高さを調べる方法はあります。まず、今使っている枕の下に、タオルケットか厚手のバスタオル等を敷いてください。それで枕の高さは高くすることができます。この状態で眠ってみてください。いびきが軽減されると、それがいびきにとっては良い高さの枕という事になります。

軽減されない場合は、枕が高すぎることからくるいびきかもしれません。普段枕を使用しないでタオルケットか、厚手のバスタオル等で高さ調整をして、寝て試してください。いびきが治れば、その高さの枕を探し、購入すればよいのです。

2.横向きで寝て気道を確保する

最も簡単な方法だと言えます。横向きで寝るだけですから。仰向けに寝ると、睡眠時に舌の筋肉が緩んでしまい、喉の奥に落ち込んでしまうのでいびきがでるのですが、横向きに寝れば、喉の奥に落ち込むことはありませんので、気道の確保できます。いびきは解消されるはずです。

しかしながら、寝ている間は無意識に寝返りをして、寝ている姿勢は無意識に変わっているものです。恒久的な対策にはならないのかもしれません。寝返りを打てない工夫が必要なのかもしれません。

3.マスクをして鼻の通りを良くする

オススメのいびき対策は「マスクの着用」です。マスクをすることで、口呼吸から鼻呼吸への矯正を助けてくれます。マスクをすることにより、で口回りの湿気が多くなります。そのため、鼻の通りが良くなると考えられているのです。

いびきは、口呼吸の人に多いことが知られています。口呼吸から鼻呼吸に変えただけで、治ることはよくあることです。マスクは手軽にできる、鼻呼吸矯正方法と言えるのです。

いびきの防止グッズが買える場所はどこ?

薬局で購入できる

薬局・ドラッグストアで、簡単にいびき防止グッズを手に入れることができます。一度チェックしてみてはどうでしょうか?あなたに合ういびき防止グッズが手に入るかもしれません。

これは!という商品がいっぱい!東急ハンズ

東急ハンズに行けば、なんでも手に入ると言えばいいすぎでしょうか?いびき防止グッズもたくさん売っています。売り場面積が広いので、店員さんに聞いて売っているコーナーの場所を確認しましょう。

コスパで選ぶなら100円ショップ

100円ショップにも、豊富にいびき防止グッズは売っています。100円だからと言って、侮ってはなりません。「安かろう悪かろう」の時代は、終焉を迎えていたのかもしれません。便利グッズで使える商品は、数え切れない程売っています。いびき解消グッズもしかりです。

薬や医療器具でいびきを解消しよう

1.点鼻薬「アンスノール」で鼻粘膜の乾燥を防ぐ

【楽天市場】エスエス製薬 アンスノール 10ml 【医薬部外品】(ステキ生活e-shop) | みんなのレビュー・口コミ

アンスノールは点鼻薬だそうです。文字通り薬のようです。どのような薬かと言いますと、鼻に薬を滴下することで、いびきの原因となっている鼻粘膜の乾燥を防ぐということらしいです。

いびきをかくということは、必ず口呼吸になっているといえます。いびきを改善するには、口呼吸を鼻呼吸に治す必要があります。鼻の粘膜が乾燥していると、どうしても口呼吸となるそうです。

アンスノールを使うことで、鼻粘膜の乾燥を防ぐことができ、鼻呼吸がしやすくなるそうです。口呼吸が改善され、いびきもまた改善されるということになります。

2.チューブ状の「ナステント」で気道の閉塞を治す
いびきを防ぐ一般医療機器:ナステント クラシック (右145mm Hard)

いびきを防ぐ一般医療機器:ナステント クラシック (右145mm Hard)

 

¥4,536 (2016/09/16 時点)

ナステントとは、鼻から挿入するチューブ状の一般医療機器だそうです。鼻から、チューブの先端を軟口蓋(のどちんこ付近)にまで挿入させます。挿入されたチューブが、いびきの原因となっている気道の閉塞を強制的に治させ、寝苦しさや睡眠中の頻繁な覚醒を、予防することになるそうです。

つまり、鼻呼吸の軌道確保を助ける効果があるのです。ナステントは、非常に柔らかい材料で作られているそうです。「使うにあたって痛みが伴うかも」と、心配される人も多いでしょう。それが小さな負担で、症状を緩和できるように設計されているそうです。ナステントは一般医療機器になります。

いびき改善の人気ランキングの上位商品は?

1.ハイテク装置!いびき解消枕の「いびきバスター」

いびきは、口呼吸と寝ている間に気道が狭くなることによって起こります。口呼吸と枕の高さが、大いに関係しています。医学の観点からいびき緩和にアプローチ、そして、それを最先端技術で形にした商品が、このハイテク枕であるいびき解消枕だそうです。

内蔵された音感センサーが、いびきの音を感知するとエアバッグが作動し、自動的にまくらの高さを変えてくれます。そのため、気道が広がりいびきを軽減するという仕組みです。

※2016年12月1日時点でAmazonでは在庫切れでした。

2.「ブリーズライト」で鼻孔を広げる

ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 30枚入

ブリーズライト スタンダード 肌色 レギュラー 30枚入

 

¥1,522 (2016/09/16 時点)

ブリーズライトは鼻に貼り、鼻孔の大きさを広げ、鼻呼吸をしやすくするグッズです。クリアタイプと肌色タイプがあるそうです。クリアタイプは、粘着性が悪いとの口コミ情報がありますので、肌色タイプをおすすめします。

また、鼻の貼る位置によって、大きく効果が異なるそうです。そのため、最初はいろいろ貼る位置を確かめながら、効果のある位置を探すのが使用上のポイントとなります。

3.「スノアゴン」で強制的に下顎を支える

スノアゴン

スノアゴン

  • 出版社/メーカー: ヤマオカインターナショナルコーポレーション
  • 発売日: 2005/03/23
  • メディア: ヘルスケア&ケア用品
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログを見る
 

¥2,800 (2016/09/16 時点)

下顎のラインに優しくフィット、下顎が下がらないように強制的に支えるという、いびき対策グッズだそうです。気道を狭めずに、いびきを予防できるそうです。

使い方は簡単で、このスノアゴンの下部が鎖骨の上に来るようにして、顎先の下部が本品の上部のへこんでいる所にくるようにします。首周りがきつすぎない程度に、面ファスナーで止めるそうです。効きそうですね。

口コミで噂のダイソー商品を紹介

1.クリップで鼻を挟む「いびきストップ」

クリップ状の物を鼻の中央部を挟むことによって、いびきを軽減するグッズです。鼻呼吸を促して鼻の通りを良くし、気道の呼吸抵抗を小さくしてくれます。100円ショップのダイソーで売っているそうです。実際に使用された方の口コミですと、効果テキメンだとか…。オススメしていいのではないでしょうか。

2.コスパで選ぶなら「鼻腔拡張テープ」
鼻腔拡張テープ レギュラー 30枚

鼻腔拡張テープ レギュラー 30枚

 

鼻孔拡張テープ、これもダイソーで売っているそうです。鼻づまりがひどく、鼻呼吸をするのがつらいのであれば、コスパを考えこの鼻孔を広げてくれる「鼻孔拡張テープ」を使ってみてはいかがでしょう。

100均だからと言って、侮ってはいけないそうです。粘着力も拡張力も、文句なしの性能だそうです。コスパは大事かもしれませんね。ずっと使い続けるものになるのかもしれませんから。100円で6個入りだそうです。

前述したブリーズライトを使うかどうかは、実際に両方を購入し、効果が高いと思われる方を使用するのがいいのかもしれません。そこにプラスして、コスパなどのメリットを考えて、最終的にどちらにするのか決めましょう。

いびきの原因探しから始めてみよう!

一口に「いびき」と、このたった3文字の言葉に苦しめられ、不眠症となり、ストレスを抱えながらつらい毎日を送っている人がいます。その原因は口呼吸であったり、また、その口呼吸となる原因が鼻の病気であったりと、容易に治せない場合も多いです。

あなたを苦しめている、苦しめられているいびきの根本的な原因はなんでしょう。これを見つけるだけでも、難しいのかもしれません。しかし、原因が分からなければ、対応の仕方もどれを選択すればベストなのか、わからないと言えるのかもしれません。

根本的な治療が可能なのか、対処療法しかないのか、ますは、いびきの理由探しからはじめてください。そして、対処療法しかないのであれば、今紹介してきたように、いびき解消グッズはたくさんあり、方法もあります。

ご自分、ご家族に合ったものを選択してください。これでストレスも解消し、健康な毎日が送れるようになればいいですね。この記事も参考に色々と検討してください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加