競泳女子日本代表の今井月選手が教えてくれるリオオリンピックの楽しみ方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

ついにあと少しでリオオリンピックが開催されます。スポーツ全般が好きな私にとってとても楽しみな時期がやってきました。陸上競技や柔道を中心に今年から新種目となった『7人制ラグビー』に注目しています。

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

マリオ&ソニック AT リオオリンピック

 

期待の競泳女子日本代表選手

毎回注目が集まるのが再年少出場選手で、高校生も多く出場されます。特に水泳は若い世代から活躍できる種目とあって、とりわけ若い選手が多いです。私が期待しているのが女子200m個人メドレーに出場する今井月(いまいるな)選手。「月」と書いて「るな」と読みます。カッコいい名前でしょ。

こんな名前は漫画のデスノート主人公の夜神月(やがみらいと)以来、2人目です。ちょっとキラキラネームですが、アリだなと思いました。この名前を初めて知ったときは、(じゃあ、火ならサラマンダー君かな。水ならウンディーネちゃん。)と四代元素を思い浮かべました。オリンピックで有名になればライオンが販売している生理痛薬の「バファリンルナi」のCMモデルのオファーは間違いないでしょう。

中学生で金メダル獲得した岩崎恭子選手

思い出深いのが1992年バルセロナオリンピックの女子200m平泳ぎに出場した岩崎恭子選手です。当時14歳の中学生2年生。中学生でオリンピック出場というだけでも偉業と言える中で、彼女は金メダル獲得の偉業達成!

中学生で金メダルを獲得したとあって毎回過去のオリンピック名場面として放映されています。2016年現在でも日本人全種目の金メダリストの中でも最年少記録保持者。この記録は破られることはないでしょう。

世界の天才・怪物・超人の活躍

競泳は“水の超人”イアン・ソープ(オーストラリア)、“水の怪物”マイケル・フェルプス(アメリカ)、北島康介(日本)など、化け物揃いの選手が泳ぐのを見るのが競泳の見どころでもあります。今年はどんな凄い選手が出てくるやら。

まとめ

前回メダルを獲得した競技はやっぱりみんな気になってしまいますね。今年は何個の金メダルを獲得できるでしょうか。世界中のアスリートが競い合うオリンピックで日本の選手が活躍する姿を楽しみにしたいです。頑張れ今井月選手!

リオ オリンピック放送をぜんぶみる! (NHKウイークリーステラ臨時増刊8/29号)

 

日本が出場しない競技はテレビ放映が極端に減ってしまう傾向にあるのが残念です。できれば全競技を放映してくれないかな(´・ω・`)

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加