やる気が出ない14の理由とやる気を引き出す方法30選

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

最近何もかも「やる気が出ない」と感じる。やる気を出したいけどどうしたらいいかわからない。そんな悩みを抱える方に、「やる気が出ない」原因とやる気を出す方法を紹介します。「やる気が出ない」からといって自分を追い詰めないでください。ちょっとしたことで、やる気を取り戻すことができます。

目次

なんだかやる気がでない

f:id:r-akiba0703:20161231054817j:plain

どうしてもやる気がない、何もしたくない、体がだるい時ってありますよね。やる気がないからいつもダラダラしてしまい、勉強や仕事がうまくいかない、ということもあるでしょう。

このページをみているということは、「やる気が出ない」ことで悩んでいる人おり、やる気を出そうとしているがなかなかやる気が出ない人でしょう。やる気を継続するというのは非常に難しいのです。

やる気がなくなってしまうということはあたりまえのことなのです。やる気が出ない、やる気が起きないのは、決してあなたが”怠けているわけでも、たるんでいるわけでもありません。

もし自分を責めてしまったり、落ち込んでしまったりしているのなら、今日でその気持ちは払拭させましょう。では、やる気が出ない状態を改善するためにはどうすればいいでしょうか?毎日を楽しく充実させる為に、やる気を出す方法を紹介します。

やる気がでないのは現代病?!

頑張ろうとしても何もやる気が起きない、何もやる気が出ない、この症状を無気力症候群ということがあります。現代人の多くの人が抱える悩みではないでしょうか。

勉強のやる気が起きない、仕事のやる気が起きない。やるべきことが決まっているのに、なかなか行動に移せない現代人のつぶやきについてみていきましょう。

やる気がでない理由と原因

1.体調不良、病気(身体の不快感)

身体的な欲求不満がある場合は、やる気がでなくなってきます。例えば、睡眠不足、運動不足、偏った食事など、普段の生活が原因で、体調を崩してしまうと、身体がだるくなってしまいやる気が起きない状況になります。

忙しい生活を送っていると、朝食や昼食を飛ばしてしまうことがあると思います。そうすると、正しい思考に必要なグルコースが欠乏するため、仕事がはかどらなくなっていきます。また、ひどい虫歯や、腰が痛いなど、身体に不快感があると気になってしまい、集中できなくなり、やる気が下がってきてしまことがあります。

身体は想像以上に敏感で、身体に異変を感じると精神的な部分もダメージを受けてしまうのです。そして、ひどい状況になると強いストレスなどが原因で、うつ病になってしまう場合もあるので注意が必要です。やる気がでないときは、「身体的な不快感」を感じていないかを確認してみましょう。

2.やることが多すぎる

毎日忙しくて時間がない、やらなきゃならない事が多すぎて、いつも何かに追われているような気がする。もっと時間が欲しい、もっと時間を有効に使いたいと思ったこと、誰でも一度はあるでしょう。

目の前に、やらなければならないことが多すぎると、ストレスへとなってしまい、やる気を失ってしまうことがあります。ある程度の量のやるべきことは、よい状況を保ってくれますが、キャパシティを超えてしまうと、ストレスを抱えてしまい、やる気がなくなってしまう場合があるのです。

3.考え事や悩みが多い(決断することが多すぎる)

考え事や悩み事があると、どうしても意識がとられてしまい、作業ははかどりません。大小問わず、悩み事や考え事があると、決断しなければいけないことが増えてしまい「やる気」を出すところまで気持ちが向かいません。

これは、大きな決断に限ったことではなく、小さな決断にたくさん迫られているときも、徐々に疲れてしまうのです。

4.社会との関わりがイメージできない(社会的拒絶)

人間とは「社会的な関わり」を重視する生き物だと言われています。人間の行動は「世間の評価」を基準に、決定していると言っても過言ではありません。

そのため、人間は社会との関わりが断絶してしまうと「自分の存在」に意味を見出せなくなり、自制心を維持できなくなると考えられています。

例えば、一緒に働きたい人のアンケートをとった場合に、選ばれた人と選ばれなかった人とでは、やる気の具合がまったく違うことは容易に想像できるでしょう。

誰からも選ばれないことを拒絶されていると感じてしまい、「誰も気にかけてくれない、自分は必要とされていないのなら世間に従って頑張らなくてもいい」と考え、やる気を失ってしまうのです。

5.無意味感がある

今やっていることに意味はあるのか。なにをやっても意味がないのではないか。人間は「無意味」と感じた物事に対して、やる気を見出すことは非常に難しいと言われています。

なぜこれをやらなければならないのか、やることによって何が得られるのかがわからないと気持ちが入らず、淡々と作業をこなすだけになってしまいます。

例えば、これは、会社で仕事をしていると多くの人が陥りやすい現象です。自分が実行しているプログラムは世の中の人のために立つのか、プログラム完了後のイメージができないのです。目的が明確でないとやる気がわかなくなってしまうのです。

6.ためらいの感情がある

本当にこれでいいのか。など、心の奥に「行動を躊躇している自分」がいることによって、行動を起こすことによって生じるリスクなど悪いイメージを膨らませてしまい、決断を先送りしてしまい、やる気を起こすことが難しくなってしまいます。

心に迷いがあると、集中して取り組むことができなくなり、イメージした悪い結果へと結びついてしまうことがあります。そして失敗してしまうと、負のスパイラルに入ってしまい、やる気も失われていくのです。

7.目標を見失っている

こうなりたい!これをやりたい!という目標が明確されていて、それに向かって行動している人はエネルギッシュです。目標が明確でないとどうしても迷いや戸惑いから、やる気が損なわれていきます。目標は、どんなに大きいものでも小さいものでもかまいません。

例えば起業して一部上場するぞ!とか、グルーバルに活躍するぞ!宝くじ一攫千金!というビックドリームから、健康第一!風邪や病気にかからないように気をつける!、家族旅行に親子3世代でいく!など身近な幸せまで、目標があるとないのとでは、心も身体も充実感が全く異なってきます。どこに向かうべきかがはっきりしていないと、やる気を引き起こすことは難しいでしょう。

8.望んでいる結果や成果が出ない

望ましい結果や成果は、やる気アップへと導いてくれます。それとは逆に、作業に取り組んでも、望ましい結果や成果が出ない場合は「無意味感」を誘発させ、モチベーション低下につながってしまいます。

結果失敗してしまった場合は、やらなければ良かったという後悔の念にかられるようになってしまい、再度頑張って取り組むことができなくなってしまいます。失敗をポジティブに考えることができず、ネガティブな考えばかりになってしまうのです。

9.自分の「やる気スイッチ」を知らない

あなたはどんな時にやる気を起こすことができますか。やる気を感じるポイントは人それぞれです。例えば、仕事をしている人は、上司からよくやってくれていると褒められたり、お客様からあなたのおかげですと感謝の言葉をもらえたり、自分の仕事ぶりが評価されて給与がアップしたりなど、やる気ポイントは様々です。

自分がどんな時にやる気スイッチをオンしているのかを自覚することで、感情のセルフコントロールが容易になります。

10.燃え尽きてしまった

ほとんどの人は、周りの環境からのストレスで、やる気をなくしてしまうでしょう。しかし、中には、自分で自分に対してストレスをかけてしまい、やる気をなくしてしまう人もいます。その典型が燃え尽き症候群の人だと言われています。

燃え尽き症候群とは、大きな目標達成をして、やる気が出なくなってしまった状態のことをいいます。目標に向けて一生懸命努力してきたからこそ、気持ちがいっぱいいっぱいになってしまって、やる気が失われてしまうのです。

11.やる気が出ない病気の可能性も!?

うつ病や心因症の初期症状として「やる気が出ない」ということがあるそうです。まさか「自分がなるわけない」というその思い込みが大変危険です。誰にでもなり得る病気だということを知っておくことも大切です。

12.毎日同じことの繰り返し

やる気がでない時というものは、自分の頭の中で目の前の事柄に刺激が感じれなくなっている時とも言えます。そのような人から刺激を奪ってしまう環境にいてはいつまでたっても自分の中で強いやる気を生産することは難しいでしょう。

このような所謂自己を無気力にさせる環境というのは、日々の単調な生活と言えます。例えば、いつも同じものを食べ、いつも同じ人と会い、いつも同じ仕事を行うと言ったものです。こういった一連の流れは人にマンネリ感を与え、日々の生活に対して十分に刺激を感じられなくしてしまう恐れがあるのです。

そのため、このような理由でやる気が出ないという人は、仕事休みの日や学校が休校の日には普段行えないような特別の事を体験してみたり、人に会ったりして新鮮な気持ちを持つようにするのがいいかもしれません。

13.独りで孤独な状態

先程少し言及しましたが、精神状態は人の活動に大きな影響を与えます。そのため、精神が安定していない状態の時にはたいていの場合、良い気持ちにはなれず、その結果自分にとって有意義な行動を取ることがとても難しくなるのです。

その様な精神状態を作ってしまうのには様々な理由が考えられますが、その一つとして孤独な状態が挙げられます。というのも、人と距離を置き、自分一人だけの状態を続けようとする行為は、人との接触、すなわち会話を失う行為と考えられます。

人と話す機会が少ないと、会話をするために働かせる脳の働きが非常に衰えてしまい、その結果、脳内の神経伝達物質の働きが弱くなってしまうと考えられているのです。そして、その神経伝達物質の内の一つに人にやる気を与えるドーパミンというものがあるのです。そのため、このドーパミンの働きが不活性化すると、やる気が出なくなってしまうと考えられているのです。

14.自分が何をしているのかわかっていない

自分が今行っている活動に対して目的、意義などを深く考えすぎる人達がいます。こういった人達は自分が行っている事柄と自分自身をマイナスに考えてしまう傾向があり、目の前の事柄に積極的な態度、すなわちやる気を持って対応する事ができなくなることがあります。

こうした事がきっかけでやる気を失う人達は常に、物事を深く考え、物事の本質を自分で悪い方向に考えてしまうのが一番の問題と言えます。こういった考え方は、その人から強く物事への意欲、目的意識を取り払い、自分が実際に行っている事は意味のない物、といった意識を強く植え付けてしまうのです。

関連記事:【うつ病】症状についての知識とセルフチェック

やる気が出ないことは、良くないこと?

お前はやる気がないからダメなんだ!やる気があるのか。などと言われたことがある人も多いだろう。やる気がないということは、良くないことというイメージが強いが、やる気がないことは本当に悪いことなのか。もちろんやる気があったほうが、良いが、やる気が出ない、やる気が起きないのは、良くないことなのかというと、必ずしもそうではないといえるのです。

状況にもよりますが、結果に対して魅力や意義や意味を感じられないのであれば、やる気が起きなくて当然です。生きていれば、やる気が出なくなってしまうことだって、あってあたりまえのことでしょう。むしろ、そういうことが時々あるほうが、ずっと人間らしいでしょう。

やる気を継続して保つことができる人は、ごく僅かでしょう。多くの人は、やる気を失ってしまうことがあるのです。自分に嘘をついてまで、やる気があるように振舞うことは、逆にストレスへととな勝手しまいます。

やる気が出ない、あるいはやる気が起きないでいる自分を責めたり、卑下したりすることはしないでください。やる気が出ないと自分をせめたり追い詰めたりしないでください。何より大切なことは、「自分の心のサインをきちんと受け止めること」なのです。

そして、この心の状態は、実はあなたを飛躍的に向上させる重要なターニングポイントであるかもしれないということです。自分の心と向き合い、自分が望んでいることについて、再度確認することができるタイミングなのです。やる気が出ないからと落ち込まず、あなたの正直な気持ちと向き合ってみてください。

やる気をだす方法(日々の生活編)

日常生活を少し変えるだけで、やる気がアップする方法をまとめました。体調や栄養管理は大切。適度な運動もある程度心を健康に保ってくれます。また、単純作業を集中してこなしていくことで、心がすっきりしたり、悩んでいることを書き出すだけで、やる気が湧いてきます。今日からできる、やる気アップ方法をチェックしてみてください。

1.転職を視野に入れ、自分の可能性を知る

やる気を出すには、まずは自分が自分のことをよく分かっている必要があります。あなたは、自分をどのくらい分かっているでしょうか?「真面目な性格」「穏やか」「人見知りをしない」など既に分かっている部分もあるでしょうが、おそらくそれは一部でしょう。あなたの魅力は、そんなちっぽけなはずがないのです。

そして、自分の魅力をもっと知る自己分析の方法としてオススメしたいのが転職サイトなどで無料で使える「キャリア診断テスト」です。複数の質問に答え、自分では自覚していない可能性や、性格分析の精度がかなり高いので、自分のことをよく知れます。その中でも リクナビNEXTのキャリア診断(グッドポイント診断)は、実際に転職活動の面接に持込みされるほど精度が高く、おすすめです。

2.ストレッチをして起床して一日をスタートする

「やる気」は脳の側座核(そくざかく)から分泌される物質により感じるといわれています。側坐核を活発にするには身体を動かす事が重要です。体を動かす事によりやる気が湧いてくるのです。まず一日の始めからやる気を出せるようストレッチして起きましょう。

ストレッチは
①布団の中で両手足をグーンと伸ばします。
②四つん這いになってお尻をかかとに乗せて腕を伸ばして背中と肩を伸ばします。
③今度は逆にお腹を床につけてスフィンクスの様になり背中を伸ばします。

以上のストレッチをする事で脳も活性化され、やる気も引き起こす事ができます。肩こりや腰痛予防、ダイエットにも効果的なので、日課として実践していきましょう。

3.疲れ目に注意!目を休めよう

疲れ目は、心身ともに影響を与えるため、やる気が落ちやすくなるといわれています。例えばテレビやマンガ・本・ネットなどを長時間みていると、目をずっと使っている状態が続くため、やる気に影響が出ます。大自然で、広大な景色をみて目を休めたり、癒すことをお勧めします。また、適度なマッサージや温湿布などで目の疲れを取ることで、失っていたやる気を回復することもできます。

4.睡眠時間をしっかり確保する

睡眠不足は、集中力低下を招き、やる気低下にもつながります。睡眠時間を十分に取ることが、やる気を出す基本といわれています。睡眠時間は、7時間程度がいいとされています。

できる限り、しっかりと睡眠をとり、1日の疲れをとりましょう。疲れが溜まっている状態ではよいパフォーマンスはできません。忙しくて、なかなか時間が取れない人は、隙間時間を使って、15分程度の昼寝を実践してみましょう。

5.運動をする

脳は、体の状態に直結しているといわれているため、適度な運動は、脳を活性化させ、やる気を喚起するのです。「集中力がなくなってきたな」と思ったら、散歩に出かけてみたり、とにかく体を動かしてみるのと、やる気がだんだんと湧いてくるかもしれません。

ある会社では、午後3時あたりにラジオ体操をし、集中力を回復させるということを行っているそうです。まず、激しい運動よりは軽い運動をおすすめします。すると血行がよくなり、思考がクリアになり、気分転換にもつながります。ウォーキングやジョギングはとても効果的だといるので、ぜひ取り入れてあげてください。

6.一人でやらず、チームで取り組む

一人でやるとどうしても、モチベーションが低下してしまうと、再度高めることは難しくなってきます。しかし、一人より二人、チームで実践するほうが、やる気を向上させることができます。確かに仲間がいるというだけで怠けづらかったり、つまづいたときに相談が可能だったり、さまざまなメリットがあります。

7.一度に1つのことだけしかしない(無理をしない)

できる人は、一度に複数のことを同時並行でこなすことができる、といったイメージがありますが、同時に様々なことをこなすのは、やる気を持続させるという意味ではマイナスの影響があるといわれます。

何かに取り組むときはできるだけ1つの作業に対して集中できるようにすることが大切です。あれこれ別のことを考えてしまうので、極端ではありますが、一度に1つのことだけしかしないというのも、やる気を継続させるポイントです。

8.朝ごはんをしっかり食べる

偏った食事も心身ともに影響を与えます。3食しっかりとご飯を食べることはもちろんですが、特に、忙しくて、多くの人が抜いてしまいがちな、朝ごはんはやる気や目標達成度に影響があるといわれています。

朝ごはんは、単にエネルギーを補給するだけではなく、規則正しい生活や家族とのコミュニケーションにもなり、やる気を促進する要因となるので、朝ごはんは少し早起きしてでも、摂ってほしいです。

9.家事をする

家事は、皿洗いや洗濯物干しのように単純作業を少しの間集中して行うだけなのですがで、家事をした後、すっきりとした気分になるといわれています。単純作業を繰り返しすることで、今までモヤモヤしていた気持ちを忘れさせることができるのです。

10.身の回りの掃除、整理整頓

部屋の汚れは心の乱れともいわれるように、部屋が散らかっているとどうしても、心がすっきりとしません。部屋の掃除や机の上の掃除も、家事と同様に単純作業なので気分転換になるといわれています。また、部屋を掃除をするとすっきりした気持ちになるので、心も一緒にすっきりと清々しい気持ちになるのです。

11.一日一度は好きなことをする

誰でも、ゲームをしている時が一番好き。好きな番組を見ている時はなにもかも忘れられる。漫画を読むことが大好きなど、人によって様々なリフレッシュ法があると思います。好きなことをすることで、頭がリフレッシュされるので、またやる気を取り戻せることができるようになるのです。

12.お気に入りの音楽を聴く

音楽は心に栄養を与えるビタミン剤です。耳に、脳に直接刺激を与えてくれる手っ取り早いカンフル剤になります。お気に入りの元気がでる音楽を聴いて、元気、やる気を取り戻しましょう。暗い曲よりは気持ちが高まるような音楽を聴く方ががいいでしょう。

13.元気を引き出すファッションにする

今日は何を着ていこう。ファッションがバッチリ決まると気持ちも高まりやすくなりますよね。ファッションが決まらないと、心がはずまなかったりすることから、ファッションでやる気は左右されると考えられます。

なんだか気持ちが沈んで、やる気がでない。そんな日こそ、お気に入りの服を着て、出かけてみましょう。気持ちが弾むことで、やる気も湧いてくるかもしれません。

14.目標を細分化して書き出す

やる気がない時は、やるべきことが多すぎることが多すぎて、どうしたらいいのかが見えなくなっている場合があります。まずは、自分のやるべきこと、目標をできるだけ細分化して、ノートなどに記載してみましょう。

やるべきことが見えてきて、一つずつ達成できるたびに、小さな成功体験を重ねることができるので、モチベーション向上へとつながります。やる気ない状態で、行動してしまってもなかなかいい成果は生まれません。まずは、目標を書き出してみましょう。

15.人に話しをする

やる気がでないという気持ちのときには、なんとなく重い、モヤモヤとした気分で、心が沈んだ状況だと思います。一人で、その気持ちを解消していくのは、とても難しいものです。友達や、家族、職場の人などに自分の気持ちを正直に話してみることで、少し気持ちが楽になることもあります。

やる気がないというだけで、自分を責めてしまう場合もあるので、誰に聴いてもらうことで、自分が悩んでいるけど、どうしたいのかということがみえてくるかもしれません。そうすると、またやる気を湧いてくることもあるでしょう。

16.集中力を一定に保つ

仕事や勉強をずっとしていると次第に疲れが出てきて集中力が下がってきますよね?すると急激にモチベーションが下がってしまいやる気も出なくなってしまいます。そこで、集中力が下がり始める前に別の仕事や勉強をすることで、頭の中がリフレッシュされ集中力を大幅に下げず作業に集中することができるかと思います。

17.仕事以外の友人に会ってみる

社会人になり仕事先の人としか遊んだり・飲みに行ったりしないという方も多いのではないでしょか?時には昔懐かしい学生時代の友人などと会うことも大切だったりします。新しい刺激を得てやる気が出てくるかもしれません。

18.やる気を損なう人とは付き合わない

自分はやりたいことがあるのに、「そんなこといいからどっか行こうよ」などとあなたのやる気を損なう人は居ないでしょうか?たまには「今日は許して」と勇気をもって断ることも大切です。

やる気をだす方法(メンタル編)

何をしても気持ちが晴れない。やる気がでない。そんな時は誰にでもあります。でも少しの気持ちの持ちようで、やる気を取り戻すことができません。やる気をだす方法メンタル編もチェックしてみましょう。

19.とにかく始めてみる

やる気がでないとどうしても何もやりたくないと、無気力なってしまいますが、実は、何も始めていないからやる気がでないということに繋がるのです。まずは、やり始めないと、やる気がでないのです。「やる気が出ないからできない」ではなく、「やっていないから、やる気がでない」と、考え方を少し変えるだけで、やる気が出るのです。

例えば、大きなプロジェクとを任されて、頭を悩ませなかなか実行に移せないでいると、やるのが億劫になったりします。しかし、いざやってみるととても面白くて、無我夢中で取り組んでいたなんてことはないでしょうか。これからわかることは、「行動していない時には、やる気はでない」ということです。

20.目的の再確認する(有意味性)

無意味感に陥ったとき人は、まず「初心」に戻って、目的の再確認をしてください。なぜ、自分がその組織に属し、その仕事をしているかなど、改めて有意味性について考えることで、忙しくて漠然としていた目的が明確化し、タスクを達成したときに得られる成果も明確にでき、モチベーションを高くすることができるでしょう。

少し立ち止まって「それをやる目的、意味、得られる成果」を改めて明確にするのです。意味が見出しにくい場合でも、強引に意味づけをしてみてください。数字やイメージを駆使して具体化し、やる気を取り戻しましょう。今まで見えなったことが、見えてくる場合もあります。

それでも、今やっていることに意味を見いだすことができなければ「辞める」という決断も一つです。ただ、安易な諦めは「逃げ癖」がつく危険があるので、できるだけ「辞める」という決断は無くしましょう。

21.思い切って手を抜く(頑張らない)

大きな目標を達成するために、ずっと頑張ってきた人ほどプッと糸が切れたようにやる気が出ない状態に陥るケースがあります。一生懸命努力して、私は完璧になるんだ!と考えすぎるのは、よくありません。努力することはよいことですが、完璧を求めすぎるのはよくありません。

時には手を抜いてその流れを楽しむことも大切です。頑張りすぎず、頑張ること、やるべきことはしっかりやる、手を抜けるところは手を抜くことがやる気継続のポイントといえるでしょう。

22.一番身近な目標を達成するように心がける

目標を細分化することを日常生活編に書きましたが、どうしても、大きな目標を達成したいという気持ちが先走ることがあります。もちろん目標を高く持つことは非常に素晴らしいことですが、高すぎるのは目標はおすすめできません。

目標を追っている最中にやる気が出なくなってしまったら、やる気を取り戻すことが難しいからです。できるだけ、一番身近な目標を達成をするように心がけましょう。小さな成功を成果を重ねることができ、一つ一つクリアにしていくことで、大きな目標へと繋がっていきます。

23.幸せなふりをしてみる

ネガティブな状態が続くと、やる気を取り戻すことが難しくなってきます。ポジティブな思考へ変換させていくことが大切です。

この作業を乗り切ったら、お菓子を食べよう、仕事終わりにビールを飲みにいこうなどなんでもいいので、プラス思考にポジティブなワクワクするようなことをイメージを想像することで気持ちが高まってきます。「病は気から」とよく言いますが、楽しいことをイメージすると気持ちが充実するので、幸せなふりをしてみることも心を保つために非常に良いことなのです。

24.自己評価を高くしすぎない

自分はできる大丈夫と自分を鼓舞してあげることもやる気を保つためには、とても大切です。しかし、自分自身を過剰評価しすぎると、プレッシャーに落ち潰されそうになってしまい、ストレスを抱えてしまい、やる気がなくなってしまうので逆効果になることもあるので注意しましょう。自分を評価しすぎないで、むしろ過小評価するぐらいのほうが、ストレスを軽減させることもできるといわれています。

25.やる気がない自分も「本当の自分」

理想と現実、過去と現在が違ってしまうとどうしても心が乱れてしまいます。昔はバリバリに動いていて、積極的だったけど、最近うまくいかなくなってしまった、人と出会うのも面倒だし、外に出るのも億劫になってしまった。

など、活力があった自分と違っていることに気付いたら、少し気分が落ちてしまいます。もっとできるはずなのにと、落ち込むのではなく、今の自分としっかり向き合いましょう。今の自分「本当の自分」ができることは何なのか。を見つめ直すことで、自然とやる気も戻ってきます。

26.失敗からまなぶ

失敗してしまうとどうしても、やる気を失ってしまいます。しかし、逆の発想で、失敗に価値を見出すことが大切です。発明王トーマスエジソンの名言にもあるように、「私は失敗したことがない。うまくいかない方法を手に入れただけだ」という気持ちを持ちましょう。

失敗したからと落ち込んでる暇はないのです、失敗したということは、成功へまた一歩近づくことができたということなのです。失敗をやる気を変えることができるようになると全てが、成功へと変わっていきます。マインドを少しだけポジティブにするだけで、結果も変わってくるでしょう。

27.昔を振り返らない

「あの頃は。。。」と、ついつい過去の栄光にすがりたくなることもありますよね。しかしこの感情は危険です!過去の出来事に対して思い入れが強いほど、あなたのやる気は失われていきます。過去を振り返るのではなく今を一生懸命に生きるほうがあなたのためになりますよ。

やる気を出す方法(勉強編)

28.「5分だけでもやってみる」

勉強は自分のためだとわかっていても、ついやる気が抜けてしまう時があります。そんな時はこれから紹介していく3つの方法を是非実践してみましょう。あなたの勉強への無気力が吹っ飛ぶかもしれませんよ。

まず、一つ目にとりあえず短時間の間だけ勉強をしてみるのはどうでしょうか?ポイントは5分でも良いからとりあえずやってみようというような軽い感覚で行う事です。このような感覚で机に座り、勉強にとりあえず取り組むことで、勉強に対する強い熱意が徐々に強まっていくことが期待できるのです。

勉強は始める前は中々意欲が出ないもではあるのですが、いざ行ってみると、とても熱中要素があるものなので、そのやる気を出させるためにはとりあえず勉強に触れるという事が勉強に対するやる気を生み出すうえで非常に効果的なのです。

29.ポモドーロテクニック

ポモドーロテクニックという言葉を聞いた事があるでしょうか?このテクニックは短時間作業を何回も休憩を取りながら繰り返すことで、一つ一つの仕事の効率性を高めることを目的として考案されたものです。このテクニックも勉強でやる気が出ていない時にそれを解消するうえで役に立つ方法と考えていいでしょう。

人の集中はせいぜい30分が限度とよく言われていますが、事実それぐらいの短時間の間しかフルに生産性を発揮することができないのが人間なのです。そのため、長時間続けて、仕事や勉強をしていても、我々は十分なパフォーマンスを期待する事ができにくいのです。

そして、長時間続けて仕事や勉強を続けることによって、効率性といったものだけでなくやる気もまたなくなっていってしまう事が考えられるのです。そのため、勉強に常にやる気を持って、対応できるようにするためにも、このテクニックを使って、こまめに休憩を取りながら短時間でフルに勉強してみるのもいいでしょう。

30.終わった後をイメージする

勉強にやる気を持って、行えるようにするための最後の方法として、自分が取り組んでいる勉強が終わった後の事を想像する、というものがあります。そして同時に終わった後に自分が良い思いをする想像を膨らませましょう。

例えば、勉強が終わった後はお腹が減っている分自分が大好きな食事を美味しく食べられる、自分が楽しみにしていたテレビ番組を罪悪感なく見れるなど、勉強を頑張ったが故に楽しめることを想像するのです。このようなご褒美を自分の中で想像して、それのために頑張るという体系を心の中で作り上げられたら、目の前の勉強をむしろ頑張りたくなるはずです。

やる気をだすstep

「やる気が出ない」には様々な原因があることがわかりました。そのためにしてほしいことを紹介しました。でも、やる気を出すために、どんなステップで進めばいいのかわかない。そんなあなたにやる気を出すためのステップを紹介します。

STEP:1やる気が出ない原因を考える

まず第一に、やる気を取り戻すためには「やる気が出ない原因」を解消することが大切になります。やる気のでない原因はなんのか。体調がずっと良くない状況が続いていたり、悩みごとや決断すべきことが多かったり、望んでいる結果がでない、やっていることに意味が感じられないなど原因は人によって様々でしょう。

できれば、やる気がない原因を時間を使ってしっかり考え紙やノートなどに書き出してみましょう。書くことによって心がかなり整理されていきます。

STEP:2 やる気が出る方法を考えてみる

原因が明確化されたら、どうしたらいいのか、どうしたいのか。などやる気が出る方法も紙やノートに書いてみましょう。上記に解決法をいくつか紹介したので、自分にあてはまりそうなことから、書き出してみて、実践してみてください。

睡眠不足かなと思った人は、しっかり睡眠をとってみてください。まだなにもやっていないのにやる気がない人は、まずやってみることから始めてください。そして、やる気を失いそうになった時は、その紙やノートに書いたことを思い出し、モチベーションを低下させないようにブラッシュアップを重ねましょう。

やる気を出せない時の相談相手

学生時代の友人・先輩・後輩

学生時代の友人や先輩、後輩など昔自分が接していた人達と再び会って交流することで、自然とやる気が出ることがあります。この様な人達に直接相談してやる気を貰うのもいいのですが、相談をしなくてもただ会うだけで十分にやる気が得られるという可能性もあります。というのも、このような昔の自己を知っていた人達に会うことで、どこか彼らに良い自分を見せていたいという自尊心に似た感情が生まれやすいからです。

そのため、この様な人達に恥ずかしい姿を見せないためにも自分も今の状況を頑張って、打開しなければならない、というやる気が自然と出てくることがあるのです。また、知人の活躍には負けたくないというライバル意識も出てきやすいので、なおさらやる気が出てくることが期待できるのです。やる気がなかなか出ない場合、こういった人達に定期的に会ってみるのも良いかもしれません。

妻や恋人

やはり自分の事を現在、最も身近に感じてくれている人は、その人の気持ちをしっかりと理解してくれることが期待できます。またそういった人だからこそ、やる気が出ない恋人の事を深く考えてくれ、正しいアドバイスが貰えることも期待できるのです。

また、こういったポジションにいる妻や恋人に積極的に自分の悩みを打ち明け、互いにそれを克服していけば、その過程の中で互いの愛情関係もより深まっていき、恋愛関係という点でも大きな進歩が生まれるかもしれないのです。妻や恋人がいる方は是非こうした人達に悩みを相談してみるのをお勧めします。

実家の両親・兄弟

やる気が出ず、それがまったく改善されない様であるならば、あなたの事を昔から最も近い距離で見守ってきた実家の両親や兄弟に相談してみるのはどうでしょうか?こういった人達はあなたの性格の特異性、考え方などに対してとても深く精通しています。

そのため、あなたのやる気の出ない理由を根本的に抽出し、それに対しての解決策となる、的確なアドバイスをしてくれる事が期待できるのです。また、家族という事で、何も気兼ねなく、自分の悩みを赤裸々に話せる所ができるのがこの様な人達に相談をするうえで最も嬉しいポイントと言っていいでしょう。

さらには先程の先輩や後輩の人達への相談に似ているのですが、家族に対しても、自分の現状を良く見せたいという思いを多くの人が持ちやすいと言えます、そのため、家族に会いに行くだけで、自分を軽く戒め、自分へのやる気を自ら生み出すことに繋がる事も十分に考えられるのです。

民間のカウンセラー

今まで挙げてきた人達から、中々良いアドバイス又は刺激が貰えず、結局やる気の停滞が続く、というような場合は、相談のプロともいえる民間のカウンセラーに直接相談してみるのもいいでしょう。こういった人達は科学的に人の悩みを分析し、そのうえで合理的なアドバイスをする事ができるのです。そのため、結果を得やすく、非常に効果的な相談相手となると考えられます。

独りで悩んでいても、問題は中々解決しません。いっそのこと他人にその悩みを打ち明けて、いろいろなアドバイスを貰うのもやる気を再活性させるためには良いことでしょう。

価値観別!やる気の感じ方を紹介

いつ・どんな時にやる気を感じのか?ということはもちろん人によって違います。ここではそんな価値観別のやる気の感じ方について紹介していきます。

スキル・経験重視型

自分の知識や経験が活かされるときにやる気を感じる、多様性のあるタイプです。そういった方はいま、自分のスキルがしっかりと活かされているのか今一度考え直して見ましょう。

全体像把握型

目の前のタスクのゴールが見えないとやる気が出ない一貫性のあるタイプです。そういった方は、日頃から自分が行ってい仕事や勉強の目的(ゴール)を意識するようにしましょう。

影響型

自分のタスクが完了することで周りにどれでけ影響するか?ということを重視する有意味性のあるタイプです。タスクが完了した際にどんな結果が待っているのか考えながら作業をすることでやる気が維持できます。

自律型

他人から命令されることを嫌う自律性のあるタイプです。こういった方は組織に属すること自体を嫌い、それによりやる気を損なうことが多いようです。独立することも考えて本当に自分のやりたいことを考えてみましょう。

フィードバック型

自分の結果が他人から評価されることでやる気を感じるタイプです。周りからフィードバックが得られる環境に身を置くことでやる気を維持することができるかと思います。

まとめ:やる気ある毎日を過ごそう

1日3分で人生が変わる セルフ・モチベーション (PHPビジネス新書)

1日3分で人生が変わる セルフ・モチベーション (PHPビジネス新書)

 

「やる気が出ない」ので悩んでいるのは、あなただけではないことがわかりました。むしろ、「やる気が出ない」人は多く、現代病ともいえます。やる気を出すためには、結局、自分が本当にやりたいことが何なのかを見つけることです。

それは実は、日常生活を少し変えるだけでできることかもしれません。1日のうちに、自分の時間を5分作り、どんなことでもいいので、自分がやりたいことをほんの少しでも実現しましょう。

次の日には、さらにもう少しだけ前に進めましょう。毎回ほんの少しずつでも何かを実行していけば、おのずと道がひらけます。どんなに小さなことでも、毎日少しずつ実現し始めると、前進させるのがどんどん楽になります。

つまり、少しでも始めることが大事なのです。やる気を失った時は、無理せず立ち止まってみるのも悪くありません。毎日少しずつ頑張ってみましょう。やる気を保つことができれば素敵な毎日を送ることができるでしょう。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加