簡単!安心安全な手作りスポーツドリンクのレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

8月になって部活動も本格的な時期になってきました。中学や高校の部活動で気をつけたいのが熱中症や脱水症状対策ですね。気軽にできる対策として必須なのがスポーツドリンクです。

 

私の時代は学校の水道だけでしたが最近は小学校や中学校でも水筒に入れて持参できるみたいですね。学校の先生からも熱中症対策にも「スポーツドリンクを飲むように。」と言われていたりするそうです。

 

でも、スポーツドリンクに入っている糖分は結構多いです。有名なコカコーラやポカリスエットのようなスポーツドリンクには、500ccに、角砂糖が7~10個分(スティックシュガー10本分)の糖分が入っています。

 

小学生が1日に摂って良い砂糖の量は、20~25g、角砂糖で5〜6個分なので、ペットボトル1本を飲んだだけでオーバーしてしまう計算になります。

 

原材料を見ると、完全に食品添加物ばかり・・・。酸化防止剤に、香料、グルタミン酸ナトリウムも入っています。サプリメントを水に溶かしているようなもの。それを毎日、大量に飲むと身体に様々な害が及んでしまいます。

 

そこで今回は人の血液のミネラルバランスとほぼ同じの天然塩である「わじまの海塩」を使って家にある材料で作れるレシピをご紹介します。

 

わじまの海塩&わじまの水塩&ミル&書籍 セット

わじまの海塩&わじまの水塩&ミル&書籍 セット

 

材料

・水 250cc
・「わじまの水塩」小さじ1/2 もしくは 「わじまの海塩」小さじ1/4 のどちらか
(塩分約1g相当。水の分量の0.4%程度)
・レモン汁 小さじ1
・ハチミツ 小さじ1弱

作り方

その1

・水に塩をしっかり溶かします。
「わじまの水塩」はこういうとき便利です。そもそも「イオン飲料」です。

その2

レモン汁、ハチミツをしっかり溶かします。これが基本。

その3

味見をして、お好みに調整します。レモン汁を加えてみたり、ハチミツを加えたり減らしたりしてみてください。「わじまの水塩」や「わじまの海塩」ならではの分量になります。どうしても塩分が気になるなら、減らしても問題ありません。

 

以上で出来上がりです。
とっても簡単ですね♪

 

ワンポイントアドバイス

1リットル作るなら、分量をそれぞれ4倍してください。メープルシロップを使ってもよいですが今回はハチミツを使ってみました。※メープルシロップの方が溶けやすいです。

 

原料がわかっているもので作れば、お子さんに持たせるのも安心です。手作りだと家庭に優しい値段ですしね。この夏、ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加