【藤田和日郎的怪奇箱】感想ネタバレまとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

私個人の口コミ評価。藤田和日郎(ふじたかずひろ)は「うしおととら」「からくりサーカス」「月光条例」で有名な日本の漫画家です。今回の本も「うしおととら」や「月光条例」話が含まれています。コンビニで買ったけど面白かった。

藤田和日郎的怪奇箱 (My First Big SPECIAL)

藤田和日郎的怪奇箱 (My First Big SPECIAL)

 

この収録作品どれも素晴らしい内容です。私が好きなのは シーンを紹介します。

【夜に散歩しないかね。】

「あの男、見覚えがあります。」「柔術の闇試合で、何度か見かけたことがありました。」「御法度の闇試合・・・君もよくやったんだろうね。で、彼は強かったのかね?」「あいつは、八人は殺しました。」

 

「なんで、おまえほどの男がこんな処でこそこそと探偵などする気になったのだ?」「古流柔術 九来玄夜流道場の跡取り・・・・・削夜秋平。」「刺月一心流の達人守屋さん・・・・・やはりあなたでしたか・・・・・」

 

「禁止されている闇試合で立ち会った八人の相手を全員地獄に送り、古流柔術九来玄夜の“打突技の鬼”と言われた男よ。」

【からくりの君】

「殿・・・おれの名をお教えいたしまする。」「加当段蔵ーー」「鳶加藤・・・幻術(めくらまし)の加藤か!」

各話のタイトル

連絡船奇譚
アキちゃんと森で
夜に散歩しないかね(前編)
夜に散歩しないかね(後編)
からくりの君
月光条例第9条【あまんじゃくとうりこひめ】<前編>
月光条例第9条【あまんじゃくとうりこひめ】<後編>
美食王の到着
帯刀石仏
空に羽が・・・
【うしおととら】第14章『鎮魂海峡』

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加