【ドクムシ】感想ネタバレ第4巻まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

【ドクムシ】感想ネタバレ第4巻まとめ 

ドクムシ(4) (アクションコミックス)

ドクムシ(4) (アクションコミックス)

 

3巻までのあらすじ

アカネがユキトシとも関係をもっていたことを知ったレイジは、怒りに身を任せてユキトシを気絶させた後、トイレに拘束した。アカネはそんなレイジを優しく慰めるが、油断したところで首をしめて殺そうとする。だが、突如現れたタイチに襲われ、逆に狙われる立場に。タイチはミチカの甘い言葉によって操られていた。追い詰められたアカネは、自らの身体を武器にして隙を作り、襲い掛かってくるタイチを肉切り包丁で斬りつけたー。

本編あらすじ(ネタバレ注意)

f:id:r-akiba0703:20160830143410j:plain

f:id:r-akiba0703:20160830143418j:plain

<嫉妬>
氏名:伊坂幸寿(イサカユキトシ)
年齢:28歳
身長:181cm
体重:65kg
血液型:B型
職業:サラリーマン(大手製薬会社勤務)

アカネとミチカの一騎打ち。「しらじらしい真似はよして。ウソ泣きで騙せるのはバカな男だけよ」「だいたいこんな場所に…顔色ひとつ変えずに入ってくる子どもがいる!?」「こんな豚野郎のためなんかに、この私が泣くわけないし。」と正体を現すミチカ。「私は勝つためにここに来たの」指輪の毒でアカネを動けなくする。指輪の毒で死者の幻覚をみるアカネ。アカネは廊下にふらついて歩いているところで、ユキトシに見つかり介抱される。「何のために生かしておいたと思ってる」「お前はこのゲームを最後まで楽しめる絶好の相手なんだ」「勝手に死ぬことなど許さない」「お前を殺すのはこのボクだ」

<傲慢>
氏名:伊坂幸寿(いさかゆきとし)
年齢:28歳
身長:181cm
体重:65kg
血液型:B型
職業:サラリーマン(大手製薬会社勤務)

小学生時代のユキトシはビンに虫を詰めて蠱毒を実践している。「どいつが勝つかなぁ。やっぱりお年玉をつぎ込んだタランチュラかなー。」学校に蠱毒の瓶が見つかり、担任から体罰を受ける。担任とは険悪の仲。担任は瓶をゴミ集積場に捨ててしまうが、その瓶を見つけるユキトシ。見るとタランチュラが一匹だけ生き残っている。「お前が蠱毒の王だ・・・!」

後日、担任は誰かの告げ口で職員会議でつるし上げられたとユキトシを追い詰める。「犯人が誰であろうがキミのせいで私が恥をかいたことに変わりはないんだよ」「二度と人前で着替えられないような体にしてやる」逃げるユキトシ。「お前なんか…呪いで死ぬんだ!」タランチュラが首元に現れたせいで慌てる担任の教師は事故でレンガの下敷きになる。それを助けも呼ばず見ているだけのユキトシ。(ボクは足の痛みも忘れて苦しんでいる先生を観察し続けた。先生は泣きながら、たまに血とか粘液みたいなものを吐いて、激しく痙攣しながらお漏らししたりしていた。)

現在のユキトシもオカルトサークルのチャットで女性と会っている。どこかに移動しながら「数十年前、その蠱毒を人間を使ってやろうと企てた宗教団体があってね…。」

鎌田家で「コチラ本部、お疲れ様ですレンビ。残りは4人…。3日を切りましたね。」「男を狂わす蠱惑な女」「感覚の壊れた華奢な男」「流されるままの空虚な若者」「そして我らが少女」スギウラレイジを敵視している鎌田は、≪マリ≫と呼んでいるミイラに話かける。

「何も全力で逃げることないだろう!?」「レイジには懐いているくせに」「えらく嫌われたものだな」ミチカとユキトシが争っている中で、鎌田という人間はファッションヘルスで女性に「ナカノウチトシオの最期だ」とUSBメモリを渡す。女性は写真を見ながら「明日から…何を考えて生きていこうかしら」に対して、「こんな仕事辞めたらどうだ」と話す鎌田。店舗から出てくる鎌田の横の車の中から「鎌田美晴(かまたよしはる)が出てきました」「誰と会っていたか素性を調べて」と誰かから尾行されている。

「・・・泣きもしないか」「5日も何も食ってないにしては顔色も悪くない。いやに元気だとは思っていた。」「何を隠してる?このために特別な訓練でも受けてきたのか?」「首の後ろに丸い傷があった。包丁ではあんな傷はつかない。ピアスにしては穴が太い。」「アカネは自分の体すら武器に使う。そんな女がタイチごときの暴力に屈するとは考えにくい」「タイチじゃないとしたら誰だ!?」

指輪の毒に気づくユキトシ。アカネのもとに戻ると、アカネとレイジがS〇Xしている。(ほぼレ〇プ状態!?)。「・・・そうか、お前がボクを狂わす毒虫だったのか」と首を絞めてアカネを殺すユキトシ。続けてレイジも殺そうとするが、うしろからミチカに陶器で殴られる。指輪を探すがどこかに隠しているユキトシ。「あれがなければお前は男に勝てない」

指輪のロックを外そうとしているユキトシ。レイジはアカネを守ろうとして「ミチカちゃんはもう何もイヤなことをしなくていいんだよ」「今度はオレがミチカちゃんを守るから」とユキトシを殺して全部終わらしてやると考える。ミチカはユキトシにキスをして「私には楽しいことなんて・・・未来なんてないもの」「ここでしか、あなたとは生きられない」「私はレイジくんが欲しい」と服を脱ぐ。最後のシーンではロックを外すことに成功したユキトシ!

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加