電通の企業体質の問題なのか!?広告代理店の闇と新入社員側の問題

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

広告代理店の電通がおこした過労死事件が話題になっています。高橋まつりさん(享年24歳)の自殺について私個人の考え方が他の人と違うので、問題の本質論を考えてみたいと思います。

過労死事件の内容

24歳東大卒女性社員が過労死 電通勤務「1日2時間しか寝れない」 クリスマスに投身自殺 労基署が認定 – 産経ニュース

報道によると労災認定されたのは大手広告代理店、電通の社員で2015年12月25日に社宅から投身自殺したとのことです。自殺した高橋まつりさんは、東京大学卒業後の2015年4月、電通に入社し、2015年6月からダイレクトマーケティング・ビジネス局デジタル・アカウント部(当時)に配属され、インターネット広告を担当していたようです。

部長からの「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」「会議中に眠そうな顔をするのは管理ができていない」「髪ボサボサ、目が充血したまま出勤するな」「今の業務量で辛いのはキャパがなさすぎる」などのパワハラ発言。月間130時間の残業など長時間労働や常態化する休日出勤が問題が重なり自殺してしまったそうです。

かわいいから採用!?ストレス耐性は見抜くべき

インターネット広告部門で働いていた東大出身の美人社員ですが、どうもストレス耐性はノーマルレベルのようです。電通という過酷な環境で働くにはちょっと無理があったのでしょう。「東大出身で頭がいいし、かわいいからクライアントから好かれるだろう。よしよし、内定だしたるわ」新卒採用の際にこんな会話がされているのが容易に想像できます。第一段階の問題として、会社側が被害者の方のストレス耐性を見極めていなかったというのがあると思います。

鬼十則でわかる超体育会の気質

電通の「鬼十則」はあまりにも有名です。社会人は1回は「お前もこれぐらいの気持ちで仕事に臨め」と言われたことがあるんじゃないでしょうか。

1.仕事は自ら創るべきで、与えられるべきでない。
2.仕事とは、先手先手と働き掛けていくことで、受け身でやるものではない。
3.大きな仕事と取り組め、小さな仕事はおのれを小さくする。
4.難しい仕事を狙え、そしてこれを成し遂げるところに進歩がある。
5.取り組んだら放すな、殺されても放すな、目的完遂までは……。
6.周囲を引きずり回せ、引きずるのと引きずられるのとでは、永い間に天地のひらきができる。
7.計画を持て、長期の計画を持っていれば、忍耐と工夫と、そして正しい努力と希望が生まれる。
8.自信を持て、自信がないから君の仕事には、迫力も粘りも、そして厚味すらがない。
9.頭は常に全回転、八方に気を配って、一分の隙もあってはならぬ、サービスとはそのようなものだ。
10.摩擦を怖れるな、摩擦は進歩の母、積極の肥料だ、でないと君は卑屈未練になる。

引用:ウィキペディア

自殺してしまった人はかわいそうですが、入社前に鬼十則を見なかったんですかね?電通とはどういった会社なのかが、これだけで一目瞭然だと思うのに…。広告代理店は一見して派手なイメージがありますが、非常に泥臭い仕事です。特に営業はすごい泥くらい。

「激務だとは思っていたけど、これほどとは思っていませんでした」「思っていた華やかなイメージと違いました」って新入社員が多いです。Twitterだけで判断するのは良くないですが、Twitterの発言を見る限り、彼女もちょっと仕事をなめていた部分があると思います。電通が超体育会企業であることも、ググれば簡単にわかります。

パワハラ!?こんなの普通!!

「君の残業時間の20時間は会社にとって無駄」

え!?これくらいのパワハラみんな言われています…。私なんか営業成績が悪いときは「お前がいるだけで会社にとって損失」「給料泥棒に対してどう思っているの?」なんて言われてきました。ただ私は理不尽だとは思わず、言われても仕方ないと思っていました。なぜなら営業会社が営業成績を重視するのは当たり前だし、営業会社というのは入社前から有名で、しっかり説明されていたからです。

今回の件は広告代理店。まして電通。超体育会企業にとっては「営業なんだから、おっぱい強調した服着ろよ」「今日顔疲れてない?生理かw?」なんて発言は普通です。セクハラ、パワハラという概念が存在しません。他の広告代理店も同じような環境です。

電通が年収ランキング上位の理由

「セクハラ・パワハラが多い!企業体質に問題あり!」ってコメントがありますが、(えっ!?そんなの全員知っているよ!いまさら何言ってんの?)と私は思いました。パワハラ・セクハラ発言は改善すべきですが、なんかちょっとずれている感じがしました。

電通からしたら「労働環境が悪いよ!」「企業風土が古いよ!」なんて言われても、「いや、そんなん知ってます。だから給料が高いんだよ」「じゃあ入社するなよ。」っって絶対に思っています。これが年収ランキング上位の会社の言い分です。

何をもってブラック企業というか

私からしたら電通は超絶ホワイト企業。だって平均年収1000万円超えているんですよ。残業代が支払われているんですよ。入社できるならぜひ入社したいです。年収ランキング上位のキーエンスや野村證券も激務で有名ですが、「楽できて年収が高い仕事」があると思っている人間がいまだにいるんですかね…?

まとめ

今回の過労死事件についてはもちろん電通にも非があると思っています。電通には今回の過労死問題には厳粛に受け止めてほしいと思います。

自殺まで追い込まれてしまった被害者の高橋まつりさんについて非常に残念に思っています。が、被害者側にも問題があると私は感じました。賛否両論がある意見だと承知で自分の意見を書きました。学生の方には「社会(会社)は大変だよ。楽できると思わないほうがいいよ」ということを伝えたいです。

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり (講談社+α文庫)

電通マン36人に教わった36通りの「鬼」気くばり (講談社+α文庫)

 

気配りというより、ここまでいくとクライアントの下僕って感じです。 

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加