男性のヒゲ脱毛で知っておくべき3つの注意事項

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

東京都新宿区にある皮膚科クリニック『メディエススキンクリニック新宿院(http://www.clinic-mens.com/)』でひげ脱毛をうけました。髭を脱毛して分かったことをまとめました。 

1.毎回、別途料金が発生する

最初に10回分を一括支払いを選択し12万円ほどを支払いました。これであとは金額要らないやと思ったら毎回、診察料で数千円が発生します。他に麻酔代も毎回別途料金で数千円かかります。麻酔代は希望しなければ料金はかかりませんが、最初の数回は必須だと考えたほうが無難です。

2.日焼け止めを365日使用しなければいけない

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

ユースキンS UVミルク SPF25 PA++ 40g (敏感肌用 日焼け止め)

 

日焼けすると火傷の危険性が増すため、脱毛をおこなうことができません。軽い日焼けでもNGです。7月から日焼け止めを使い始めても遅いです。5月でも外出する機会の多い人は日焼け止めは必須です。

私は6月の時点で「日焼けしているからダメ」と言われました。メディエススキンクリニックでは有効期間が2年間(24ヶ月)と期間も決まっているため、日焼けをしてしまうと無駄な時期が発生し、期限が終わってしまう可能性が高くなります。1年間のうち5月~9月(5か月間)は日焼け止めが必須だと考えるべきでしょう。

3.とんでもなく痛い

よほど薄い髭のひとでない限り、めちゃくちゃ痛いです。よく「輪ゴミではじかれた痛み」とありますが、想像よりも3倍くらい痛いです。私は4回くらいまで麻酔をお願いしていました。麻酔とは注射針で打つのではなく、表面麻酔になります。表面麻酔はジェルタイプで、肌にジェルを塗ってしばらく放置。というタイプです。

実際にやってみると麻酔をした場所が麻痺して動かなくなるのが分かります…。ちなみに私は麻酔をしても耐えられない痛みだったので(痛みに弱くてすみません)3回目くらいから「もう顎鬚(あごひげ)はあってもいいや」と妥協して鼻下と顎髭は中止しました。鼻下は単純に一番痛い箇所だったことから中止です。m(__)m

まとめ

脱毛をやってよかったです。毎日の髭剃りをする必要がなくなり、大幅に楽になりました。1分1秒でも寝たいという私にとってはマジで楽。

髭の剃り残しも無くなり、見た目もかなり綺麗になりました。特に顎下から喉にかけての部分がすごく綺麗になって嬉しかったです。この部分はどうしても青ヒゲになってしまっていたのですごい気になっていました。

10回だと私の場合はツルツルにはなりませんが、モミアゲやフェイスラインに関しては毎日の髭剃りはしなくてもいいくらいになりました。やって損なし。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加