キャバクラで高級シャンパン「ドンペリ」の相場価格と値段の比較

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スポンサーリンク

キャバクラでの定番の飲み物と言えば「シャンパン」だと答える人が一番多いと思います。キャバクラにそんなにいかない人にとって「キャバクラでシャンパンの料金は幾らするのだろう?」と不安になったり、「カッコ悪いから聞きづらいな」と思う人も多いと思います。キャバクラに行く前に知っておくと安心するシャンパンの種類や平均的なキャバクラでの相場価格を比較してみました。

シャンパンとは

シャンパーニュ地方の決められた土壌で栽培された赤のピノノワール、白のシャルドネなどの指定ブドウ品種が原料の発泡ワイン。17世紀、同地方の僧院で偶然、炭酸ガス入りのワインができたのが始まりとされる。

そもそもシャンパンとは、フランスのシャンパーニュ地方特産のスパークリングワインのことを言います。一言にシャンパンと言っても種類がたくさんあります。味わいとともにご紹介させていただきます。

ドン・ペリニヨン(ドンペリ)

キャバクラと言えば!の代名詞。日本での知名度も抜群!人気No.1のシャンパンと言われています。成熟された深さゆえの複雑な豊かさの中に、フレッシュさも感じられるシャンパンです。

通称:ドンペリ、白ドン
相場価格:50000円~80000円

ドン・ペリニヨン ロゼ(ピンドン)

ラベルがピンクで、お酒もほんのりピンクのドンペリニョン。生産量が少ないことが特徴と言われるいるためドンペリより高いです。分かりやすくお金をかけていることを伝えられるので、接待のときにオーダーされやすいです。コクと深みがある味わいで、ぶどうのさわやかな香りを楽しむことができます。

通称:ピンドン、ドンペリピンク
相場価格:80000円~130000円

モエ・エ・シャンドン

比較的お手軽に美味しく飲める本格シャンパン。シャンパンの中ではかなりスタンダード。最初に甘みを感じ、次に適度な辛口となあり後味がスッキリとした美味しいシャンパンです。

通称:モエ、モエ白、モエシャン
相場価格:15000円~23000円

モエ・エ・シャンドン ロゼ

モエのロゼ。フルーティで野いちごのような香りで生き生きとしてはっきりした果実味が口の中に広がります。世界中で女性へのお誕生日プレゼントや記念のシャンパンとして利用されてます。

通称:モエロゼ
相場価格:20000円~25000円

ヴーヴ・クリコ イエローラベル

比較的お手軽に楽しめる本格シャンパン。小気味よい辛口の味わいが特徴です。ほとんどの結婚式場では辛口のシャンパンが乾杯に使われるようです。

通称:ヴーヴイエロー
相場価格:20000円~30000円

ヴーヴ・クリコ ローズラベル

ヴーヴのロゼ。2004年4月新たに誕生した「ノン ヴィンテージ」のロゼシャンパンです。 美しいサーモンピンク色の輝き、優雅で豊潤なアロマ、赤い果実の瑞々しい香りは優雅で大胆、現代的な魅力溢れるチャーミングなシャンパンです。

通称:ヴーヴロゼ
相場価格:25000円~35000円

クリュッグ グランド・キュヴェ

「シャンパンの帝王」と称される世界一のシャンパーニュ「クリュッグ」。クリュッグのシャンパンは伝統的な手間とコストがかかる製法を行っている為、それだけシャンパンの価格も高いです。派手にお金を使いたい方がドンペリを飲まれるのとは対照的に、クリュッグはシャンパンが好きな方が飲まれる印象です。世界のワイン通やワイン評論家たちのお気に入りシャンパーニュです。

通称:クリュッグ
相場価格:50000円~80000円

クリュッグ ロゼ

野生のワイルドなイチゴの香りと、凝縮されたような花の香りが楽しめるロゼ・シャンパンです。力強さと優美さを兼ね備えたシャンパンであり、きめ細かな泡と辛口でありながらも優しい芳醇な香りが特徴です。

通称:クリュッグロゼ
相場価格:80000円~130000円

ポンパドール

シャンパンよりお手軽なのがスパークリングワインです。しっぽりシャンパンを楽しむよりも、盛り上がってたくさん飲むときにオーダーされやすいです。甘くて色々な味があって楽しめます。

通称:ポンパ
相場価格:10000円~15000円

カフェ・ド・パリ

こちらもポンパドール同様、甘くて色々な味があって楽しめます。キャバクラでは大体がポンパドールかカフェ・ド・パリかどちらかが用意されています。

カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ ピーチ 750ml

カフェ・ド・パリ ブラン・ド・フルーツ ピーチ 750ml

 

通称:カフェパリ、カフェパ
相場価格:10000円~15000円

まとめ

いかがでしたでしょうか。試しに頼んだら予想外の金額になって、あとあと後悔しないようにしてくださいね。よっぽどお金に余裕があるか、シャンパンが好きでなければ毎回飲んだりはしないと思いますが、ここぞ!という時には奮発してオーダーしてみても良いのではないでしょうか。

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加