2015年 8月 の投稿一覧

【熱中症対策】塩分補給ができるおススメ自然食品対策グッズ

今年も暑くなりそうです。各地で猛暑日を記録しているようです。ニュースでも熱中症への注意を呼び掛けています。汗をかくのは良いことですが、汗をかきすぎると今度は熱中症の問題が起こります。

熱中症の原因

誤解されがちですが熱中症の原因は体内の水分不足だけでなく「塩分不足」が原因でも起こります。急激に大量の汗が出ると、水分と塩分が失われて脱水状態になります。その際に水分だけを摂って塩分を摂らないと血液中の塩分(ナトリウム)濃度が低下することで、熱中症になります。

 

大量の汗をかいた場合、水だけを飲んでも血液の塩分濃度が薄まってしまうため、塩分濃度を保つために、すぐに尿として排泄してしまいます。そのため飲んでも飲んでも、のどが渇いたりして脱水状態が回復しません。

 

そのため熱中症の対策として定着してきているのが「塩分補給」の重要性。「水」だけではなく、「塩分」も積極的に補給しようと心がける人が増えてきています。

 

部活動での塩分補給は重要

特に中学校や高校の部活動での屋外の激しいスポーツの場合は熱中症は要注意です。大量に汗をかくサッカー、陸上、マラソン、野球などのスポーツは塩分補給がコンディションを整える上でもかなり大切になります。

 

私が高校生の時は部活動が毎日ありましたが、冷たいお茶ばかり飲んでいました。夏の期間は部員全員が「足がつる」回数が激増。私自身もストレッチ不足かなと思っていましたが、今思えば塩分不足が原因で、体内の電解質のバランスが崩れていたんだと思います。(あのチームは練習中に足がよくつるなー)と思ったら塩分不足かもしれません。当時は塩分不足とか知らなかったからな…。

 

おススメの塩分補給対策グッズ

最近では塩飴、塩タブレット、塩ラムネ、梅干し、塩系のお菓子など様々な熱中症対策グッズがコンビニでも販売されています。しかしお菓子を部活動に持参するのは誤解が生まれそうですし、ドリンク等の飲み物は糖分が気になります。そこで私がおススメなのはこちら。

shop.wajimanokaien.com

shop.wajimanokaien.com

 

石川県能登半島沖の海水100%を使用されている天然のサプリメントです。

3箱で約1200円とお手頃価格。

■栄養成分(100g中) 

ナトリウム: 39000mg
マグネシウム: 2.8mg
カリウム:   11.8mg
カルシウム: 23.1mg
鉄:     0.23mg

 

固結防止剤や、添加物、砂糖などを使っていなく、シンプルに塩分補給が可能です。ポカリスエットよりも断然健康に良い。現役の時にこれが欲しかった(´・ω・`)

 

真夏の運動や屋外での作業などで長時間たくさんの汗をかいたときには、塩分をとるように心がけてください。真夏のスポーツは体調管理が難しいですが、良いパフォーマンスを発揮するためにも、熱中症や脱水症状の対策・予防に効く自然のサプリ「汗をかいたら塩じゃなぃかぃ」を試してみてください♪

 

↓部活の部員数が多かったらこういうのもいいかも。

能登わじまの海塩500g

能登わじまの海塩500g

 

 

簡単!安心安全な手作りスポーツドリンクのレシピ

8月になって部活動も本格的な時期になってきました。中学や高校の部活動で気をつけたいのが熱中症や脱水症状対策ですね。気軽にできる対策として必須なのがスポーツドリンクです。

 

私の時代は学校の水道だけでしたが最近は小学校や中学校でも水筒に入れて持参できるみたいですね。学校の先生からも熱中症対策にも「スポーツドリンクを飲むように。」と言われていたりするそうです。

 

でも、スポーツドリンクに入っている糖分は結構多いです。有名なコカコーラやポカリスエットのようなスポーツドリンクには、500ccに、角砂糖が7~10個分(スティックシュガー10本分)の糖分が入っています。

 

小学生が1日に摂って良い砂糖の量は、20~25g、角砂糖で5〜6個分なので、ペットボトル1本を飲んだだけでオーバーしてしまう計算になります。

 

原材料を見ると、完全に食品添加物ばかり・・・。酸化防止剤に、香料、グルタミン酸ナトリウムも入っています。サプリメントを水に溶かしているようなもの。それを毎日、大量に飲むと身体に様々な害が及んでしまいます。

 

そこで今回は人の血液のミネラルバランスとほぼ同じの天然塩である「わじまの海塩」を使って家にある材料で作れるレシピをご紹介します。

 

わじまの海塩&わじまの水塩&ミル&書籍 セット

わじまの海塩&わじまの水塩&ミル&書籍 セット

 

材料

・水 250cc
・「わじまの水塩」小さじ1/2 もしくは 「わじまの海塩」小さじ1/4 のどちらか
(塩分約1g相当。水の分量の0.4%程度)
・レモン汁 小さじ1
・ハチミツ 小さじ1弱

作り方

その1

・水に塩をしっかり溶かします。
「わじまの水塩」はこういうとき便利です。そもそも「イオン飲料」です。

その2

レモン汁、ハチミツをしっかり溶かします。これが基本。

その3

味見をして、お好みに調整します。レモン汁を加えてみたり、ハチミツを加えたり減らしたりしてみてください。「わじまの水塩」や「わじまの海塩」ならではの分量になります。どうしても塩分が気になるなら、減らしても問題ありません。

 

以上で出来上がりです。
とっても簡単ですね♪

 

ワンポイントアドバイス

1リットル作るなら、分量をそれぞれ4倍してください。メープルシロップを使ってもよいですが今回はハチミツを使ってみました。※メープルシロップの方が溶けやすいです。

 

原料がわかっているもので作れば、お子さんに持たせるのも安心です。手作りだと家庭に優しい値段ですしね。この夏、ぜひ実践してみてください。