【うせもの宿】感想ネタバレ第1巻まとめ

うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)

うせもの宿 1 (フラワーコミックスアルファ)

 

あらすじストーリー紹介

少女のような女将さんがいる古い宿。そこを訪れる客は、失くしたものが必ず見つかるという。不思議に満ちた「失せもの宿」で起こる数々のドラマ、そして秘められた謎とは――。デビューコミックス「式の前日」、連載第1作「さよならソルシエ」が大ヒットの俊英・穂積が描く、驚きと感動の和風ファンタジー。

各話目次

【うせもの宿】客人1『不機嫌な客』
【うせもの宿】客人2『霜葉(そうよう)』
【うせもの宿】客人3『笠の雪(かさのゆき)』
【うせもの宿】客人4『薄紅(うすくれない)』
【うせもの宿】客人5『迷い椿(まよいつばき)』
【うせもの宿】客人6『帰り猫』

以下本編ネタバレ

「式の前日」が面白すぎて購入しちゃいました。仕事をしすぎる不愛想な男は失うものは「指輪」。小さい子供の失せものは「猫のぬいぐるみ」。登山家の男の失せものは「お守り」。学校の先生の失せものは「口紅」。いつも男のことばかり考えている母親は最後に庇うものとは。

 

マツウラと呼ばれる男性が連れてきた客は自分の探し物がわからないという。「マツウラめ…。また面倒な客を連れてきおって…」大切なものをなくしたことはわかるが仕事のし過ぎか頭もはっきりしなくそんなときに失くしたものが必ず見つかる宿があるとマツウラに声を掛けられたと言います。

 

「客人。大方あんたもあいつの口車に乗せられてやって来たんだろう」「ここで失せ物を探すのは勝手だが、くれぐれも面倒事は起こしてくれるな」と忠告されてしまいます。失くしたものが見つかるということや子供のような女将のこともあり騙されたと思う男性。早く帰って仕事をしなくては…と焦って探す為のヒントを貰おうと宿の者に聞くも「女将さんに聞いてください」と言われてしまう…。

 

そこで女将に会いに行くがお絵かきをして相手にして貰えないのですがそこに描かれていた絵こそ男性が探していた物の答えだとはわからず——。「結婚してた頃も俺は仕事が忙しくてほとんど家に帰らなかった」「そもそもなんで別れたんだっけ?」失くした指輪を見つけて、奥さんとの日々を省みる。「桜茶くらい一緒に飲んでやればよかったな…」と後悔する。

 

「この宿は本当は探し物が見つかる宿じゃなくて
(あの世に)持っていきたいものが見つかる宿なのね…」

 

「うせもの宿」とは、「失せ者」が「失せ物」を求めてやってくる宿だったんです。女将を含めスタッフたちは積極的にお客さんの手伝いをする必要は無く、あくまで女将が勝手に手伝っている様子。物には思いが宿る。女将いわく手伝っているのは暇つぶし。しかし客の心の中に触れてしまう女将は疲れてしまうようです。

 

「なかなか風流な宿じゃねぇか!」「暑苦しい格好の客だな」「どこに行っても帰れる場所があるってのは幸せだよな」登山家のお父さんはお守りを忘れていました。「あれ?そういえば俺どうやってここまで来たんだっけ?」自分が死んでしまったことに気づく登山家の男。お守りを持っていれば死ななかったかもしれない。

 

最後のヤンチャな母親の話。「親に絶縁されて、男に騙され続けて、…やっと今度こそ幸せになれると思ったのに」「あなたの人生で幸せな時はいつでしたか?」彼女にとっての「失せ物」それは、土地の権利書なんかではなく、自分の息子。「だったら俺も連れてってくれよ!」「その門をくぐらないで!」できることなら連れて一緒に逝きたかったでしょうが、持っていくのは「想い出」だけで充分だと言い残し、去っていきました。意識を戻した息子は叔父から「あの寒さの中でお前が体温を奪われなかったのは恵美子がお前を庇うように倒れていたからだ」「俺にとっては最後まで碌でもない妹だったがーーーあいつも一応人の親だったんだな・・・」

 

またそこに入れるのは亡くなった人だけであり、生きている人が敷地に入ることは許されません。「さがし物が見つかればこの宿を出ていく。分かりやすいルールだ」客を連れてくるマツウラも絶対中には入れず、まだ生きている人なのだと思われます。「何をさがしるんでしょうね。この宿の人間たちは」

 

「一体何をさがしてるんでしょうか・・・女将さんは」